Tove Lo

お気に入りされている
1,496
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
誰もが言うようにスウェーデンは素晴らしいポップタレントの育成に長けている。しかしストックホルム出身のTove Loは、エレガントで心に触れる典型的なエレクトロ・ポップを怒りだけではなく、心の奥からうめき声を出したくなるような生々しく叙情的で正直な気持ちを歌う事で見事に変化させた。「ハビッツ(ステイ・ハイ)」はまさにそれを表わした曲で、その失恋ソングは、驚くことに、イギリスでトップ10入りを果たし、今なお、アメリカではトップ20に位置し、世界中で150万枚以上を売り上げた。またi-Tuneでは25カ国でトップ10に入り、ロード、エリー・ゴールディング、ケイティ・ペリーからも注目を浴びている。ケイティ・ペリーは自身のオーストラリアツアーにサポート役としてTove Loに参加を申し入れた。「『すごい!本当なのね!』っていう感じだったわ」と彼女は笑う。「自分の夢が叶っている瞬間がなかなか思い出せないわ。」と言う。その畏敬の気持ちが発売間近のデビューアルバムのタイトル「クイーン・オブ・ザ・クラウズ」にも反映されている。「客観的に人生の大局を見ている時を反映しているの。まるで雲の上で踊っているみたいで、本当に驚きの瞬間よ。」と語った。その大局とはTove Loが世の中でもっとも刺激的なポップスターだということだ。 Tove Loは常に音楽と関わってきた。例えば、彼女が通った高校は「読書なんてクソくらえ、音楽をやろう」というのがモットーの先生たちばかりだった。Toveがバンドを組み、作曲を学んだ場所でもある。Toveはバンドで歌うことで学校の外にも目を向け、マスロックとも出会い、親しみを込めて「酷い」と言う場所でも演奏した。また、セッション・シンガーとしてお金を稼ぎ、自分のコンピューターでデモの制作を始めた。彼女の決意の表れとして、その頃、レコーディングセッションを凍えるほど寒い簡易的なスタジオで行った。「いとこの家の外に納屋があったの。ヒーターがなかったから持ち込んだけど、冬はマイナス10度にもなったわ」と彼女は笑う。更に、セッション時代の初めに具体化した曲の1つに「ハビッツ(ステイ・ハイ)」があった。 彼女は自分の経験(失恋、飲酒とドラッグ、夜遊び、感情的でむなしい二日酔い)を歌に取り入れ、ソングライターとしてのキャリアを磨いていった。学校の友人だったアイコナ・ポップの新しいレコード契約を祝うために行われたパーティーでToveはレーベルの有力者たちを困らせようと思いついた。「ある人のところに言って『私の曲を聴かないとダメよ。すごくいいんだから』って言ったの」と彼女は笑う。「誰かの意見を聞きたかったの。彼は『お前は誰だ?』って感じだったけど、メールアドレスを教えてもらって何曲か送ったわ。」そこから彼女はワーナー/キャぺルと契約をし、間もなくして、伝説のポップソングライターであるマックス・マーティンに会いにロサンゼルスへと向かった。「色んな経験をしたことで自信がついたわ」とほほ笑む。その急なミーティングを機にToveはマックス・マーティンとシェルバックの共同制作に参加し、発売が予定されていた重要なポップソング数曲に関わることになった。 しかし、Toveは自分の曲で真のソングライターとしての才能を開花させた。それを証明するのがEPの「トゥルース・セーラム」と発売間近のデビューアルバムだ。その両方の核となるニューシングル「ノット・オン・ドラッグス」で歌詞の一部が今回のアルバムのタイトルとなっている。また「ハビッツ(ステイ・ハイ)」も大ヒットとしている。「あの曲は元彼についてなの。」と彼女は話す。「色々な激情と煙で曇ったような痛みがあったし、カオスで心の浮き沈みが激しかった。」とも話した。様々な痛みを曲に込めることで、満足のいく結果になったが、予想外でもあった。「いつも夢見ていたことが現実になると不思議な感じがする。」と彼女は笑う。「この曲をリリースした時は、こんなにヒットするなんて思っていなかったから、すごく誇りに感じたし、望んでいたんだと分かったの。」彼女は少しでも正直な気持ちを抑えることをしただろうか?「私は気持ちをフィルターにかけるのが好きでなないの。『なぜずるい事をするの?事実を言えばいいのに』と思う。『私はフリーになったから、夜通しパーティーよ』ではなく、『私は今、すごく否定的で、それすらも気にしないの』って言う感じにね。」 「クイーン・オブ・ザ・クラウズ」は同じスウェーデン人のザ・ストラッツがプロデュースし、セックス、愛、痛みの3章に分かれている。正直な気持ちが出ていて、ここ6カ月間で起きたジェットコースターのような感情を十分に表わしたいという彼女の欲望を披露する場になった。「アルバムにはすごく暗い曲が2、3曲あるけど、幸せな瞬間もたくさんあったから、それも加えたわ。」と語る。それは陽気で力強いドラムと控え目のコーラスでうまくバランスを取り自信に満ちた誘惑を書いた「マイ・ガン」、魅惑的で官能的な「トーキング・ボディ」(明らかにセックスについてだ!)とギャロップ奏法を取り入れた楽しげで生々しい「タイムボム」に反映されている。またToveのソングライターとパフォーマーとしてのスキルが十分に披露されていている曲は「モーメンツ」で、ありのままに自己反省をしたかと思えば、(「♪私はあなたにとって最高に可愛い女性ではないけど、キラリと光るものがあるのよ」)と正直な感情を歌い上げ、「♪幸せな時期は私だってめちゃくちゃ魅力的なのよ」というこの曲のブラックユーモアの捨てゼリフへと、目まぐるしく変化していき、気持ちが高まる曲だ。また、もう1つの彼女の強みは、部屋中を跳ね回り、飲み物を片手に、涙で顔を濡らしながら感情を歌いたくなる曲に正直な感情を覆い隠してしまう才能でもある。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります