KOWICHI

お気に入りされている
3,461
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS11 ALBUMS
APPEARS ON
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
2001年にD.u.g.と結成したデュオ enmakuでジャパニーズ・ウェッサイ・シーンの新星として世に登場したKOWICHIは、 2012年にソロ・デビュー・アルバム「THE CHIPS」をリリースし、本格的にソロ活動を始める。 ​ FILLMORE率いるWESTAHOLICからリリースされたMoNaとのコラボによる先行曲 “FLOWER” のスマッシュヒットや DJ SPACE KIDとのタッグによる完全ストリート向けなミックスCD「CONFIDENTIAL CHEESE」のリリース、 さらにはSEEDAの人気シリーズ「CONCRETE GREEN」の最新作への参加など、 シーンをクロスオーバーした幅広い活動で注目を集める。 ​ 2014年、2ndアルバム「THE DINER」をリリース。ギャルキラーな ”BoyFriend #2” は爆発的なクラブヒットとなり、 立て続けに同曲のリミックスを発表。 TY-KOHとのタッグで話題を集めた ”LYNE” は配信チャート1位を獲得。 数々の連続ヒットを受けてタフなミックステープ「STONER LIFE」も発表するなど、ますます好調のKOWICHI。 ​ 2015年、盟友 DJ TY-KOH、YOUNG HASTLEと共に「FLY BOY RECORDS」を設立.。 ​ 同年10月にリリースした 3rdアルバム「SheCRET」は、HIPHOPアルバムチャート1位を獲得。 メインストリームの路上感がタフなマイクさばきで噛み砕かれ、 男気系のストリート・チューンから哀愁ソングまで多彩に操る彼のアーティスト性が、多くのファンを虜にした。 ​ 同年11月には、DJ TY-KOHを筆頭に『FLY BOY RECORDS LIVE IN CONCERT』と題された、 YOUNG HASTLEとのツーマンライブを開催し、豪華ゲストを招き大成功に終わる。 ​ 2016年、10月にニューアルバム『The Plain』をリリースすることを発表。 翌月には初のワンマンライブを地元川崎のライブハウスSerbian Nightで開催する。 ​ 日本のHIPHOPシーンに歴史を刻み続ける、誰もが認める今もっともホットなラッパー。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります