Death Cab for Cutie

お気に入りされている
668
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
ベン・ギバート ─ ギター/キーボード/ヴォーカル ニック・ハーマー ─ ベース ジェイソン・マックガー ─ ドラムス ワシントン州ベリンガム出身、1997年結成。 97年、ベンのソロ・プロジェクトとしてスタートしたこのデス・キャブ・フォー・キューティー(以下DCFC)だが、同年にリリースした作品『You Can Play These Songs with Chords』が大きな反響を呼んだため、ベンはクリス・ウォラと共にバンドとして活動する事を決意する。インディ・レーベルと契約を交わし、彼らは98年にアルバム『Something About Airplanes』でデビュー、2000年にはセカンド『We Have the Facts and We're Voting Yes』を、01年にはサード『The Photo Album』とコンスタントに作品を発表し、インディ・シーンに確固たる地位を確立していく。そして03年の『Transatlanticism』でメジャー・マーケットから絶賛を受け、バンドはATLANTIC RECORDSとメジャー契約を交わす。 05年にメジャー・デビュー作『プランズ』を発表、このアルバムも高評価を受け、プラチナ・ディスクを獲得、更に「ソウル・ミーツ・ボディ」と「アイ・ウィル・フォロー・ユー・イントゥ・ザ・ダーク」というゴールド・セールスを記録したシングルが2曲出たことで、彼らは本格的にブレイクを果たす。「アイ・ウィル・フォロー・ユー・イントゥ・ザ・ダーク」は、グラミー賞「ベスト・ポップ・パフォーマンス・バイ・デュオ・オア・グループ」部門にノミネート、アルバムも「ベスト・オルタナティヴ・アルバム」部門でノミネートを受ける。 08年には通算6作目となる『ナロー・ステアーズ』を発表、全米チャート1位を獲得するという快挙を成し遂げる。この作品もグラミー賞「ベスト・オルタナティヴ・アルバム」部門にノミネートされ、アルバムからのヒット・シングル「アイ・ウィル・ポゼス・ユア・ハート」も「ベスト・ロック・ソング」部門にノミネートされる。09年にはEP『The Open Door』を発表、このEPもグラミー賞「ベスト・オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」部門のノミネートを受ける。同年、大人気映画「ニュームーン/トワイライト・サーガ」のサウンドトラックに収録されたシングル「ミート・ミー・オン・ジ・エクイノックス」も大ヒットを記録、より大きな存在へと成長していく。 11年には通算7作目の『コーズ・アンド・キーズ』を発表、全米チャート3位を記録し、もはや常連ともなったグラミー賞においても「ベスト・オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」部門のノミネートを受け、メジャー移籍後全作品においてグラミー賞ノミネートを果たすという実績をたたき出す。 13年後半からバンドは新作のレコーディングの準備に入るが、そのレコーディングの途中でクリスがバンドから脱退、大きな衝撃をシーンに与えたが、クリスが在籍する最後のアルバムとなる最新作を完成させ、いよいよ2015年に発表することとなる。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります