Char

お気に入りされている
1,558
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS26 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
本名:竹中尚人 (たけなか・ひさと) / 1955年 東京生まれ / AB型 7歳からクラシックピアノを習いはじめる。そしてベンチャーズに影響され、8歳にしてギターを手にする。 わずか11歳(小学校5年)でバンド《 FOX 》結成。コンテストに出場し、CREAMの曲を演奏。見事入賞し、注目される。 中学生で既にスタジオでのプロ活動を行う。 1971年 《 GAS MASK 》結成。自主コンサートなどで活躍。スタジオ、バッキングミュージシャンとしても活躍する。 1973年  17歳の時、鳴瀬喜博・佐藤準・藤井章司・金子マリ等と《 SMOKY MEDICINE 》結成。日本ロック史上伝説のバンドと呼ばれる。 同バンド解散後、ソログループのメンバーを探すべく、単身渡米。 1976年 6月、帰国後、シングル「NAVY BLUE」でソロデビュー、9月、1stアルバム『Char』発表。《 FREE 》《 FACES 》等で活躍していた山内テツ《 TETSU & THE GOOD TIMES ROLLS 》とジョイントツアーを行う。 1977年 「気絶するほど悩ましい」「逆光線」「闘牛士」と次々にヒットを飛ばし、歌謡界に新風を吹き込み、歌謡曲とロックの隙間を埋めた。 1978年 1978年、ゴダイゴを引き連れての全国ツアー。さらに日本武道館公演を行う。そして秋、いくつかのセッションを経て、互いに共鳴しあった、ジョニー吉長、ルイズ・ルイス加部と 《JOHNNY,LOUIS & CHAR》(以下JL&C)結成。 1979年 7月14日、雨の日比谷野外音楽堂にて、フリーコンサート”FREE SPIRIT”を行い、野音史上空前の14,000人動員という記録を樹立。 1981年 TOTOのスティーブ・ルカサーとの共同プロデュース、ソロアルバム『U・S・J』発表。 1982年 1月、《 JL&C 》解散宣言。バンド名を《 PINK CLOUD 》にすることを発表。   1984年までの3年間で、各ソロ、バンドアルバム7枚をリリースする。 1985年 日比谷野外音楽堂をスタジオとし、アルバム『aLIVE』発表。その後、単身渡英しソロアルバムの制作にとりかかる。 1988年 3月、プライベートレーベル”江戸屋”設立。同年、ソロアルバム『PSYCHE』『PSYCHE II』発表。 そして《 Char & THE PSYCHEDELIX 》(現PSYCHEDELIXの前身バンド)でソロツアーを行う。 1989年 石田長生とのアコースティックデュオ《 BAHO 》を結成。全国各地、精力的にツアーを行う。 1991年 ソロバンドであった《 CHAR & THE PSYCHEDELIX 》がバンドへと発展し、《 PSYCHEDELIX 》結成。 1992年 4月、デビューシングル「MOVE ON」、5月には1stアルバム『PSYCHEDELIX』発表。2度の全国ツアーを行う。 1994年 《PSYCHEDELIX》2ndアルバム《PSYCHEDELIX II》を発表し、全国ツアー。 さらに、アメリカ公演(ロサンゼルス・ニューヨーク)を行い、成功を収める。 同年8月、《PINK CLOUD》ラストアルバム「the period」発表。9月16日、日本武道館公演 にて15年の活動にピリオドを打つ。翌17日、《JL&C》として、雨の日比谷野外音楽堂にて、フリーコンサート”FREE SPIRIT ’94″を行う。 同年10月より、《PSYCHEDELIX》3rdアルバム制作にとりかかり、11月には全国ツアーと、《PSYCHEDELIX》の活動が活発になる。 1995年 6月、3rdアルバム『Stand』、そして11月にはミニアルバム『STAND e.p.』を発表。 11月から12月にかけて、全国13ヶ所(15公演)の精力的な活動を展開する。 1996年 そしてデビュー20周年を迎えた1996年、《 PSYCHEDELIX 》として、9月にミニアルバム『SMOKY』を発表。 11月15日に 20th Anniversary “Electric guitar Concert”を、ソロとしては1978年以来の日本武道館公演を行う。 1997年 昨年の日本武道館を収録したライヴアルバムを3月に発表。同じく4月にLD、VIDEOを発表。3月、5月と藤井 裕・ロジャーと《 TE-CHARI 》結成。下北沢のライブハウス等でライブを行う。 8月、パルテノン多摩サマーライブにて、ラリー・カールトンと共演。 1998年 4月、ポリドールに移籍。8月、シングル「TODAY」を発表。5ケ所のツアーを行うほか、村上”ポンタ”秀一 & 近藤房之助達と行った九州イベントツアーに参加。10月にはシングル「LET IT BLOW」を発表。12月には同名のコンサートツアーを行う。 1999年 2月、シングル「Touch my love again」、3月にはソロとして約11年ぶりとなるフルアルバム『I’m gonna take this CHANCE』を発表。 6月には本人も参加している初めてのリミックスアルバム『Mix-Char』を発表。夏には11都市13公演のツアーを行う。 12月に Carmine Appice (Dr)・Tim Bogert (B) と共に《 CB&A 》という名で、日本武道館を含む、4都市8公演のツアーを行った。 2000年 2月シングル「Share the wonder」、《 CB&A 》ライブアルバム『CBA LIVE』を発売。 4月には久々となる《 BAHO 》の全国ツアーを行う。 5月、シングル「R-1」、6月には2枚組BEST ALBUM『Char Playe With and Without』を発売。 9月より、Jim Copley(D)、Paul Jacson(B)、小島良喜(Key)というメンバーで全国ツアー(18箇所20公演)を行う。またポリドール移籍後にリリースされたシングル集のプロモをまとめたクリップ集「Char THE CLIPS」を発売。 12月アートスフィアで”Char Special Live”を2日間行う。 2001年 1月~2月、Jim Copley(D)、Paul Jacson(B)、小島良喜(Key)というメンバーで東京・大阪・福岡のBlue NoteにおいてLiveを行う。 6月、東京・大阪でジミ・ヘンドリックス トリビュートコンサートに出演。 7月、”北沢音楽祭”で、金子マリ(Vo)、Char(G)、鳴瀬喜博(B)、藤井章司(Dr)、佐藤準(Key)というオリジナルメンバーで久々の”SMOKEY MEDICINE”LIVE を行う。 7月25日、2年3ヶ月ぶりとなるオリジナルフルアルバム『BAMBOO JOINTS』を発売。 10月、”The Anniversary Live Tour ~BAMBOO JOINTS~”と題したツアーを札幌・仙台・福岡・大阪・名古屋・東京で行う。 12月、「Char SPECIAL LIVE 2001」と題して”スモーキー・メディスン”を東京・神戸にて行う。    ※スモーキー・メディスン=金子マリ(Vo)、Char(G)、鳴瀬喜博(B)、藤井章二(Dr) 2002年 3月、「MIKE CLARK BAND featuring CHAR and PAUL JACKSON and JACK WALRATH」と題したLIVE TOURを東京・大阪・福岡のBLUE NOTEで合計11日間22公演を行う。 4~5月、「ROCK LEGENDS”四人囃子 vs スモーキー・メディスン”」と題したイベントを東京・大阪で行う。 6月、シングル「A FAIR WIND」を発売。 7~8月、「2002 THE TOUR」と題したツアーを12ヶ所で14公演行う。またツアーの途中で「FUJI ROCK FESTIVAL ’02」のGreen Stageに立った。 9月、インストを中心としたアルバム「Sacred Hils~聖なる丘~」を発売。 12月、九州地方5公演を含む全国ツアー~BAD HOT SHOW~を行う。 2003年 3月、昨年12月のLIVEを収録したDVD「BAHO LIVE TOUR~BAD HOT SHOW~」発売。 6月、東京・大阪にて「Two Different Nights」ツアーを行う。また夏には再びBAHOで各地のFes.をまわり、チキンジョージ&名古屋ダイアモンドホールにて単独公演を行う。 11月、1年2ヶ月ぶりとなるフルアルバム「Mr. 70’s-You Set Me Free-」を発売。 2004年 1月、「Mr. 70’s-You Set Me Free-」と題したツアーを全国7大都市9公演を行う。 7月、新曲 “No Generation Gap” のクリップとライブ映像の他、Char が AI に楽曲提供した “Breathe” のアンプラグド・ライブ映像も収録したDVD「No Generation Gap」発売。 8月、2004年秋にデビューする日産自動車のTIDA(ティーダ)が登場する、Charと女優・小西真奈美さん主演のWEBドラマ「DUAL FEEL」公開。 11月、書き下ろしによる”横浜F・マリノス チムーイメージソング”「45 OVER DRIVE」CD発売。 11月~12月、「BAHO(馬呆) LIVE TOUR 2004」を行う。 12月、「Act Against AIDS 2004 LIVE IN OSAKA」に出演。 2005年 1月、「BAHO(馬呆) LIVE TOUR 2005」を行う。 中越地震ミュージック・ベネフィット「HEAL NIIGATA」(チャリティーイベント)、「INAZAWA MUSIC FESTA 2005」に出演。 3月、忌野清志郎35周年の記念LIVEにゲスト出演。 7月、ジョニー吉長~音楽生活40周年SPECIAL LIVE~にゲスト出演。23日、日比谷野外大音楽堂にてLIVEを行う。30日、FUJI ROCK FESTIVAL’05に出演。 8月9日~、Lightning Blues Guitar ‘0 5 TOURに参加。 9月、メルシャン「STING」発売メディア発表会。 10月、シングル「Piano」発売。 11月~、”BAHO LIVE 2005″を行う。 12月、FM Festival 05/06″LOCK ON ROCK” Super Live Tour In Tokyo 横浜BLITZ。     アルバム『天邪鬼 Amano-Jack』発売。 2006年 1月~3月、Char LIVE TOUR 06″天邪鬼/Amano-Jack”を行う。 4月、三人の侍[Char・奥田民生・山崎まさよし]TOURを行なう。 5月3日、シングル「OSAMPO」発売予定。(NHKみんなのうた4・5月度楽曲) 2006年4月現在

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります