KIRINJI

お気に入りされている
5,482
登録不要!無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS50 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
1996年10月、堀込泰行(VOCAL/GUITAR)、堀込高樹(GUITAR/VOCAL)の2人(兄弟)でキリンジ結成。多くのアーティストからリスペクトが絶えない確立されたシンガーソングライターとしてのスタイル、スウィートに練り上げられるメロディー、イマジネーション豊かな詞世界、そして、兄弟ならではのハーモニーと洗練されたサウンドプロダクションで奏でる”キリンジ・ワールド”。1997年にリリースされたインディーデビュー盤「キリンジ」は一躍脚光を浴びた。 1998年、レコードメーカー争奪戦の末、ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。2000年には代表曲「エイリアンズ」を含む、3rdアルバム「3」がスマッシュヒット。2003年にはレコード会社を東芝EMIに移籍。 11月には全国7大都市ホールツアーを敢行し、初の日本武道館公演の成功もおさめたことも記憶に新しい。 2005年からはコロムビアミュージックエンタテインメントに移籍。6月にはVoの堀込泰行が「馬の骨」としてソロデビュー。続く11月には堀込高樹もソロデビューを飾り、個々の持つそれぞれの音楽性をより明確にし、表現の幅を一段と広げた。2006年10月、キリンジとしては約3年振りのアルバム「DODECAGON」発売。エレクトリックな質感をプラスしたその新たな音世界は、キリンジ第三楽章の幕開けを感じずにはいられない内容となった。 2007年、連続配信シングルという新たなリリースフォームを展開。6月の第1弾シングル「君のことだよ」を皮切りに、7月に第2弾「Ladybird」、8月に第3弾「ジョナサン」、9月に第4弾「今日も誰かの誕生日」、10月に第5弾「タンデム・ラナウェイ」、11月に第6弾「グレイハウンド・マン(Acoustic Ver.)」、12月には第7弾「家路」と立て続けに音楽配信限定シングルをリリースし、同時にダウンロード曲を収録したCDをステーショナリーブランド「DELFONICS」とのコラボレートアイテムとして毎月25日に限定ショップにて販売。業界紙に取り上げられるなど、大きな話題を呼んだ。 2008年、祝メジャーデビュー10周年を迎えたキリンジは「KIRINJI 10th Anniversary 2008」と銘打った3ヶ月連続リリースキャンペーンをスタート。1月1日キャンペーン第1弾 DVD「KIRINJI PREMIUM LIVE 2007 at 日比谷野外大音楽堂」のリリースを手始めに、第2弾には全11曲(LIVE ver含む)収録された驚異のMEGA SINGLE「朝焼けは雨のきざし」を2月にリリース。続く第3弾としては通算7作目となるオリジナル・フルアルバム「7-seven-」を3月にリリース。また、第4弾として、約2年振りの全国ツアー「キリンジ10th ANNIVERSARY TOUR 2008」を敢行。メジャーデビュー10年目のグループにふさわしく、ライブならではのアグレッシブなパフォーマンスを披露し、全国のキリンジファンを熱狂の渦へと誘った。同年暮れアニバーサリーイヤーも最終章へ。レーベルの垣根を越え、10年の軌跡を綴った初の2枚組ベストアルバム「19982008 10th Anniversary Celebration」を12月10日に発売。12月21日の初の中野サンプラザ公演、12月28、29日にはビルボードライブ東京でのスペシャルライブも成功した。 2009年、それぞれソロワークに重きを置きながらも8月5日には昨年末のライブを収めたライブDVD+CD「KIRINJI 10th Anniversary Special Show Case Final@ Billboard Live TOKYO」を発売、同日には配信シングル「セレーネのセレナーデ」を発表。その他、高樹は新バンド「グラノーラボーイズ」として夏フェスにも出演。一方、Voの泰行は10月21日「馬の骨」のセカンドアルバム「River」を発売。11/5から始まった全国ツアー「馬の骨TOUR2009」も成功し、同月、高樹が参加するバンド「グラノーラボーイズ」の初のワンマンライブも11/20@ビルボードライブ東京で行った。そんな中、キリンジとして同年第2弾配信シングル「小さなおとなたち」を12月9日に発表、12月11日にはビルボードライブ東京での公演もソールドアウトの内に終了した。 2010年9月、先行Sgとして発売した真夏の日の出を彷彿させるかのようなドラマティックでトライバルなサマーポップチューン「夏の光」含む、約2年半振りの通算8枚目のオリジナルアルバム「BOUYANCY」を発売。同年10/31から2011/1/22に至る札幌〜沖縄まで全国22カ所/25公演におよぶキリンジ史上最大の全国ツアー「KIRINJI TOUR2010/11」を開催、津々浦々のキリンジファンのみならず、全国の音楽ファンを熱狂の渦へ誘い、そして唸らせた。そして2011年。さまざまな想いを胸に3.11の大震災を経て制作した震災チャリティーシングル「あたらしい友だち」を7/20に限定配信、10/19には初のセルフカバー含む2枚組の提供曲集「SONGBOOK」も発売し同日にはKIRINJI LIVE2011[東京・大阪]も開催。安定感のあるライブパフォーマンスを披露した。その演奏する姿はアーチストとして今まさに静と動のバランスが絶妙な領域に到達したことを感じさせるものだった。 2012年。5/31「祈れ呪うな」6/27「涙にあきたら」と連続配信シングルをリリース後、そんな長年に渡り独自のスタンスを築いてきた最中、昨年10月15日、Vo/Gt の堀込泰行が<重要なお知らせ>と題した声明を発表。その内容は2013年に開催する<KIRINJI TOUR2013>の最終公演をもって、長年に渡り兄/高樹と共にしてきた「キリンジ」を脱退するというものであった。そのニュースと共に9thアルバム「SUPER VIEW」を発表。レコ発記念で行われた<KIRINJI LIVE2012>も作品同様にすばらしい内容であったことは言うまでもない。 そして、そして2013年。キリンジ<兄弟時代>の最終章として「KIRINJI TOUR2013」が2/10横浜BLITZよりスタート(全国14カ所15公演を開催)。ツアー期間中の3月27日には兄弟としてのキリンジラストアルバム「Ten」も発売。このラストツアーとラストアルバムリリースをもって<キリンジ兄弟時代>17年の活動に終止符を打った。 以後、堀込高樹がバンド名義を継承、同年夏、新メンバーに田村玄一/楠均/千ヶ崎学/コトリンゴ/弓木英梨乃 を迎えバンド編成の「KIRINJI」として夏フェス出演を皮切りに再始動。新体制初のレコーディングは大貫妙子トリビュートアルバムにて「黒のクレール」をカヴァー。 2013年12月には新体制初となるワンマンライブ「KIRINJI LIVE2013」も東京・大阪で開催。新たに男女混成バンドとして新鮮なアンサンブルを披露。。 2014年夏、レコードレーベルをVerve/ ユニバーサルミュージックに移籍。8/6にニューアルバム「11」をリリースし9/23から11/15まで新編成・初の全国ツアー(12箇所・13公演)を開催し称賛を浴びた。 翌2015年のKIRINJIはまたARBAKI ROCK REST15に始まりRISING SUN ROCK FESTIVAL などKIRINJI史上最多となるフェス系イベントに出演。これまでにないライブ活動を展開。また初のメンバー選曲による洋楽コンピレーションアルバム「SIXTH×SIX 』、ニューシングル「真夏のサーガ」、企画アルバム『EXTRA 11』を発売後はワンマンライブ「KIRINJI LIVE 2015」(東京・大阪)も開催好評を博した。 そして昨年2016年、新編成4年目を向かえより進化したバンドとして通算12枚目(新編成2枚目)のニューアルバム「ネオ」を発売。客演にRHYMESTERを迎えた大作「The Great Journey feat. RHYMESTER」も収録した同アルバムは<<最新型KIRINJIワールド>>満載の力作となった。昨秋にはアルバムを引っさげた2年ぶりの全国ツアーも盛況に終えた。今年2017年のKIRINJIからも目が離せない。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります