キングギドラ

お気に入りされている
475
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS1 ALBUM
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
日本語でのライミングや社会意識の高いメッセージ等、その後の日本語ラップの発展に多大な影響を与えたヒップホップ・グループ、キングギドラ (KGDR)。 1993年、アメリカのオークランドで生活していたK DUB SHINEが、昔からの知り合いだったZEEBRAを誘い、そこにDJ OASISが加わって、キングギドラを結成。当初はオークランドと東京を中心に活動していた。 1995年、日本語ラップ・クラシックとなる、1stアルバム『空からの力』をリリース。日本語でのライミングや社会意識の高いメッセージ等、その後の日本語ラップに多大な影響を与える。 しかし、1996年のリミックス・ミニ・アルバム『影』を最後に活動停止。以後、各自がソロでの活動を始める。2001年には、DJ OASIS『東京砂漠』収録曲「ハルマゲドン」に、K DUB SHINEとZEEBRAが客演。KG復活の前触れとなる。 2002年、本格的にキングギドラが再始動。復活作となる、2枚同時リリースのシングルは、過激な表現でCD回収騒動を引き起こした。2002年10月リリースの2ndアルバム『最終兵器』はオリコン初登場3位を記録し、幅広い層にキングギドラの名を知らしめた。 2003年10月のリミックス・アルバム『最新兵器』をリリース後は再び活動を停止。各自のソロ活動に加え、2006年から、K DUB SHINEとDJ OASISはRadio Aktive Projectというユニット名でも活躍。 2011年、キングギドラからKGDRへと表記を変え、グループでの活動を再開。2015年05月には、デビュー・アルバム『空からの力』の発売20周年記念ライブを行った。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります