Ava Max

お気に入りされている
856
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
心に響く声に高いファッションセンス、シネマティックでストーリーのあるポップを生み出す才能で、女性のエンパワーメントを巡るストロングなポップ曲を見せ付ける、新たな才能の持ち主。今非常に話題になっているライジング・スター、エイバ・マックス。アルバニア系移民の娘である彼女はウィスコンシン州で生まれ、バージニア州で育ちながら、高校に入るずっと前から観客を引き込み、沸かせてきた。彼女は若い頃から、ステージにエネルギーと優雅さをみなぎたいという心と、オペラ歌手の母親から受け継いだ、活気のある声で複数の歌のコンクールに参加した。祖国の政治的混乱から抜け出した両親から感銘を受けた彼女は、ついに自分の使命を追うためにロサンゼルスへ旅立った。 ロサンゼルスで実力を磨きながら、彼女はスーパープロデューサーのサークット(リアーナ、ケイティ・ペリー、ザ・ウィ-ケンド)に「ハッピーバースデー」を無作為に歌った。それをきっかけに、彼女は早速2017年にレーベル会社のAPG/アトランティック・レコードと契約を結んだ。彼女の独特で活気のある声が最初に大衆へ届いたのは、LAに拠点を置くヌ・ディスコ・ル・ユースの2017年度ヒット曲「クラップ・ユア・ハンド」のフィーチャリング舞台だった。ポップ・クラッシュ及び多くの報道機関は同パフォーマンスを「70年代後半のディスコ·グルーブがモダンなポップ·スタイルと融合し、中毒性が溢れ出す」曲であり、「エイバの華々しいボーカルバランスよく響き渡りダンスフロアに拍車を掛けた」と賞賛を惜しまなかった。また、アイドレーターは、エイバを「必ず注目すべき新人」と称した。 2018年初頭、彼女は最初のオリジナル・シングル「マイ・ウェイ」を発表し、たちまち現代ポップスで最も興味をそそる新しいボーカルの一人として立地を固めた。一躍旋風を巻き起こした彼女のヒット曲「ノット・ユア・バービー・ガール」はYouTubeやMusical.lyで1000万回近くの再生回数を記録した。そんな彼女は最近、サークットよりプロデュースされたシングル「スウィート・バット・サイコー」をリリースし、ビルボードにより「聴いた瞬間中毒になる」と、「恐ろしい新人のマックスが続々と素晴らしい新曲でセンセーションを起こしている」と褒められた。同局はSpotifyのGlobalとUS Viral Chartsの両方でトップを飾り、トゥデイズ・トップ・ヒッツ・プレイリストやポップ・ライジング、ヤング・ワイルド・アンド・フリーなどにも追加された。 最近リリースされたデビッド·ゲッタのアルバム『7』の新たな収録曲「レット・イット・ビー・ミー」にもフィーチャリングを手掛けたエイバ・マックス。確かに彼女は今全盛期を迎えようとしている。新しい音楽を続々と世に広げながら、ポテンシャル満タンなシンガーとしての地位を堅持し続けている彼女。確実に今注目すべきアーティストで間違いない。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります