Aztec Camera

お気に入りされている
422
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS8 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
アズテック・カメラはシンガー・ソングライター/ギターのロディ・フレイムが中心となって1980年に結成された。 翌年にはスコットランドのインディ”ポストカード”からシングル2枚をリリース。 そして83年には”ラフ・トレード”からデビュー・アルバムにして歴史に残る名作である『ハイ・ランド、ハード・レイン』を発表。 「思い出のサニー・ビート」を収録したこのアルバムにより、彼は”ネオ・アコースティック・ムーヴメント”の代表として語られることとなる。 その後年齢を重ねると共に数々の傑作アルバムをリリース。 アルバムごとにR&B、ロック、ブルースなどのテイストと加え、サウンドの幅を広げていったが根底にあるのは歌に対する真摯な態度であった。 84年にはセカンド・アルバム『ナイフ』(84年)をリリース。 「オール・アイ・ニード・イズ・エヴリシング」等、シングル・ヒットを残す。その後、バンド・メンバーが脱退し、アズテック・カメラはロディ・フレイムのソロ・プロジェクトとなり再スタート。 『ラヴ』(87年)からは「イン・マイ・ハート」、「ハウ・メン・アー」、「ワーキング・イン・ゴールド・マイン」の3曲のチャートヒットを残す。 つづく、『ストレイ』(90年)では、元クラッシュのミック・ジョーンズとの共演も話題になり、そのパンク・スピリットを垣間見せる一方、93年の『ドリームランド』はかねてからの憧れであった坂本龍一をプロデューサーに迎え、アズテック・カメラのサウンドは一層の成熟と完成を見る。 95年のアルバム『フレストーニア』を最後にワーナーを離れるが、その後も「ロディ・フレイム」名義での積極的な活動をつづけている。 06年には最新アルバム『ウェスタン・スカイ』をリリースしたことも記憶に新しい。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります