Phillip Phillips

お気に入りされている
3,621
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS5 ALBUMS
APPEARS ON
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
昨年の全米ツアーを開催している間、シンガーでありギタリストであるフィリップ・フィリップスは、彼が人生をかけて持ち続けている昔からのロック音楽への人生をかけた情熱をもとに作曲活動を続けていた。 2012年の『ザ・ワールド・フロム・ザ・サイド・オブ・ザ・ムーン』(ビルボードのアルバムチャートでデビュー当時から4位にランクインし、100万枚以上を売り上げたプラチナム・アルバムとして記録された。シングル曲である「ホーム」は500万枚を売り上げるスマッシュ・ヒットとなった。)に続き、彼の2枚目のアルバム『ビハインド・ザ・ライト』は、23歳のジョージア出身の彼が、より野心的で洗練された繊細さを持ち合わせながらも、彼の音楽を長く形作ってきた率直で真正な曲の数々に祈りをささげる形の作品となった。彼が作曲したどの曲をとっても、『ビハインド・ザ・ライト』は彼が14歳のときから始めたギターの能力に磨きがかかっていることを示している。最近はマッチボックス・トゥエンティやジョン・メイヤーのツアーに参加したり、ブルース・スプリングスティーンと2013年のロック・イン・リオ・フェスティバルでステージを共有することによって腕に磨きがかかっている。 『ビハインド・ザ・ライト』(19エンターテイメント/インタースコープ・レコーズ)のレコーディングにあたりフィリップスは再びグレッグ・ワッテンバーグ(『ザ・ワールド・フロム・ザ・サイド・オブ・ザ・ムーン』でグラミーにノミネートされたプロデューサーであり、ファイブ・フロム・ファイティングやグー・グー・ドールズ、トレイン、O.A.R.のリリースに携わった)と手を組んだ。フィリップスは去年の寒い冬の中ごろにはニューヨークのクアッド・スタジオにこもりきりになった。彼が情熱を注いでいるロックをより良くしていくために、レディオヘッドやピーター・ガブリエルのようなアーティストを通して開拓した彼の新しいエッヂのきいた精巧な音楽と共に彼は身をささげたのだ。 よりムードがあり、ダークさを感じさせながらも、大型のロック・アンセムの数々が収録されている『ビハインド・ザ・ライト』で、フューチャーされたリード・シングルの「レイジング・ファイア」はデビュー時ビルボード・ホット100にランクインし、フィリップスのボーカルとギターワークに賞賛が集まった。 「レイジング・ファイア」のように、『ビハインド・ザ・ライト』に収録されているすべての曲が、大きな感情や抑えのきかないエネルギーを幅広いアレンジと、メロディーに気を使った曲作りによってなされている。 ギターが鳴り響く「サーチライト」のオープニングのあと、アルバムは力強くムードを掴みに舞い上がっていった。しっかりしたストリングの音がアクセントとなっている「アンパック・ユア・ハート」のような、願いと楽しい気持ちを具体化した曲がある一方、夢のような像と悲しみ深いチェロが暗く映画のような感じに思わせる「シケット」、そして「フライ」は緊張感と神経質さのあるペダルスチールギターによって栄光あるロッカーを表している。そして『ビハインド・ザ・ライト』は生意気で思い悩むような瞬間(「トリガー」のようなフィリップスの強烈なギターソロによる悲しいラヴ・ソング)がありながら、アルバムを通して成功が表現されているなかで、フィリップスのソングライターでありパフォーマーとしての温かくも堂々とした姿が感じられる。 フィリップスにとって、『ビハインド・ザ・ライト』をきっかけにそれぞれの楽曲を探り、彼が今まで至らなかった領域に入ることになった。「僕は無理に音楽が作れるとは思わない、だからもし僕が特定のビジョンをもって音楽を作り出してそれが違うものに変わったとしても僕はそれに従って、何が起こるか試してみるよ。」とフィリップスは言う。「このアルバムを通して、僕は音楽を作ることで楽曲と共に成長したような気がするし、それによって音楽はもっと複雑になって、すべてのレコードを通して本当に素晴らしい変化がそこにあったんだ。」 『ビハインド・ザ・ライト』の歌詞の内容の点からいうと、フィリップスは時代の流れやそのすべての痛みや驚きからインスピレーションを引き出している。「多くの曲が、成長し、その重大なことが自分の人生の中で道を作ることを感じ始めることについて歌っているんだ。」とフィリップスは言う。「それは怖いことだけど、同時に美しいことでもあるんだ。」『ビハインド・ザ・ライト』をレコーディングすることになったとき、フィリップスは初めて、アルバムのために選んだそれぞれの楽曲を形作っていくためにバンドメンバーを集めた。「僕たちはときどき一緒に時間を過ごして、本当にラフな感じで、ジャム・セッションみたいな感じで演奏してた。僕はそれがこのアルバム作りにとって、よりバンドっぽいレコードにするために必要なことだったと思うよ。」 その、バンドが中心となったダイナミックさは長い間フィリップスにとって鍵となってきた。彼は初めてのバンドを10代の頃にジョージアのリーズバーグで組んでいた。アコースティック調で、バンドにはフィリップスの姉もいて、彼女の夫であるベンジャミン・ニールも一緒に参加していて、フィリップスは彼からギターを習ったのだった。クラシック・ロックといえる、ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」やオジー・オズボーンの「クレイジー・トレイン」といった曲のギター・リフを彼はギターをはじめてすぐにマスターした。高校を卒業した後、フィリップスはジョージア州にあるアルバニー・テクニカル・カレッジで産業システムテクノロジーの勉強を始めながら、音楽活動も続け、彼自身の音楽スタイルの開拓を続けた。「僕は60年代や70年代のミュージシャンやバンドを聞いて育ったんだ。ジミ・ヘンドリックスやレッド・ツェッペリンみたいなね。」とフィリップスは言う。また、彼はエリック・クラプトンやスティーヴィー・レイ・ヴォーンの二人から特にギターワークにおいてインスピレーションを受けたといっている。「それから年齢を重ねるにつれて僕はダミアン・ライスやデイヴ・マシューズ、ジョン・バトラーといったアーティストを見つけて、自分の声をミュージシャンとして見ることができるようになった。それがきっかけで始動し始めたんだ。」 2011年の夏、彼の家族と友達からのたくさんの励ましと共に、当時20歳だったフィリップスは家族の質屋での仕事を休んで第11シーズンのアメリカン・アイドルのオーディションへ向かった。アメリカン・アイドルのステージで、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルやウィルソン・ピケットのようなアーティストの曲を全力の大声で歌い切り、ステージを駆け抜けたフィリップスはそのシーズンの優勝者となった。勝利を得たのと同じ日に、「ホーム」はそれまでのアメリカン・アイドルの優勝者の中で最も成功した戴冠ソングとなった。それだけでなく、ビルボード・デジタル・ソングチャートにおいて278,000ダウンロードという、今までで最も高数字でデビューを飾ったのだ。 その結果として、カナダにおいてソロ・ツアーを行い、大成功した。フィリップスのアメリカン・アイドルでの経験は2013年のはじめ、マッチボックス・トゥエンティのツアーにおいてオープニング・アクトとして参加し、2013年の夏から秋にかけてのジョン・メイヤーのボーン・アンド・レイズド・ツアーの参加につながった。現在はO.A.R.と共同で行う夏のツアーに向けて力を入れている。フィリップスは『ビハインド・ザ・ライト』のそれぞれの楽曲を、ライブ・セッティングでのインパクトが残るように目を向けて発展させているという。「それらの楽曲とより時間をとっている理由のひとつは、無理やりだったら何も感じないかもしれないけど、すべての楽曲が本当に自分にとって重要で、感情がこもっているものだから、演奏するたびに何か新しくすら感じるし、違ったものに感じることができるんだ。」とフィリップスはいう。「僕が最もこのアルバムで誇りに思っていることは、アルバムが僕がどう人生を楽しんでいるかを表しているところなんだ。」フィリップスは続ける、「これはすごくジャム志向で、自由で、物事のロックな部分に誠実になっているんだ。そして僕とバンドはいつも、すべてをできるだけ自然でありのままの状態でキープできるようにしているんだ。」

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります