Gabrielle Aplin

お気に入りされている
1,914
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS24 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
ストーンヘンジで有名なイギリスの田舎町ウィルトシャーで“完全にヒッピー”な両親のもとに生まれた彼女は、ニック・ドレイクやブルース・スプリングスティーンなどを聴きながら育った。10代初めから楽器を弾くことを覚えた彼女は、やがてKaty Perry、You Me At Six、Cee Lo Green、Coldplayなどをカヴァーした映像をYouTubeにUPするようになり、注目を浴びるようになる。 14歳の時に初めて作った曲「Ghosts」は、後に17歳の時にリリースした初めてのEPの1曲目を飾ることになる。ちなみに、そのEPは彼女が自ら創設したレーベル、NEVER FADE RECORDSからリリースされた。 それから程なくして、ブッキングエージェントと契約を交わした彼女は、早速自分でツアーの計画を立てるようになるのであった。 19歳の時にリリースした3枚目のEPP『HOME』のタイトル曲はYouTubeで現在までに500万回以上の再生回数を記録し、英 iTUNESのシングル・オブ・ザ・ウィークにも選ばれた。そしてアーティストとしてより大きく成長するためにメジャー・レーベルと契約することを決意。数多くのオファーから彼女が選んだのは、パーロフォンだった。 そして2012年冬。英国の百貨店チェーンJOHN LEWISのクリスマス・シーズンのCMに彼女の「POWER OF LOVE」(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのカヴァー)をきっかけに、じわじわとシングル・チャートを上昇。チャート・インしてから6週目となる12月15日付のチャートで1位を獲得し、一気にメインストリームの注目を集めることになる。 その後発売したアルバム『イングリッシュ・レイン』は全米アルバムチャートで2位を獲得。ここ日本でも映画『黒執事』のテーマ曲に起用されるなど、デビュー年からすでに5回(プロモ来日、サマソニ、ジャパン・ツアー、黒執事イベント、グリーン・ルーム)も来日するくらいの人気を誇る。 2015年には2ndアルバム『ライト・アップ・ザ・ダーク』をリリース。 翌年2016年12月にはEP『ミス・ユー』を発表。エレクトロ・サウンドを取り入れ、またヴィジュアルも一転し、新しい一面の垣間みられる作品となった。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります