Jet

お気に入りされている
1,894
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS15 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
JETは2001年、ブルーズにガレージ・ロック、サイケ・ロックといった、ストレートなロックンロールのあらゆる変化形に対して、共通の情熱を燃やすメンバーによって結成された。彼らのバンドとしての目標は、彼らのインスピレーションとなっているものに新たな命を与えることであり、新鮮な熱情と普遍的なエネルギーをもってクラシック・ロックのサウンドに刺激を与える事である。 生々しく直接的で、直ぐにもやみ付きになりそうなJETの力強い音楽スタイルと華麗なソングライティング技法に対する心からの献身は、地元オーストラリアで熱狂を巻き起こし、やがて世界中へ飛び火していった。 2003年にリリースされた「ゲット・ボーン」は国際的な大ヒットとなり、世界中で350万枚以上の売上を記録した。掌一杯の大ヒット・シングルに引っ張られ - その中にはナンバー1ヒットとなった「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」、「コールド・ハード・ビッチ」、また「ロールオーヴァー・DJ」や「ルック・ホワット・ユーヴ・ダン」等が含まれる ― アルバムはすぐさまJETをこの惑星で最も力があり、人気のあるロック・バンドの一つへと押上げた。アメリカでは、「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」と「ルック・ホワット・ユーヴ・ダン」の2曲がともに全米レコード協会公認のプラチナ・デジタル・シングルの認定を受けている。 バンドはまた、火花の散るようなライブ・バンドとしての評価も獲得した。彼らはヘッドライナーであろうが、フェスティバルの出演であろうが、オアシスのようなスーパースターのスペシャル・ゲストであろうが、大爆発のステージを披露してきた。 JETは数多の世界的な栄誉も受けている。その中でもハイライトとなるのが、2004年のMTV ヴィデオ・ミュージック・アウォードで「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」でのベスト・ロック・ビデオ受賞であろう。この他にバンドの受賞歴に含まれるものとしては、アメリカン・ミュージック・アウォードでの「Favorite Artist - Alternative Music」と2004年、地元オーストラリアのARIAミュージック・アウォードでの輝かしい6部門受賞が上げられる。 JET: NIC CESTER(ニック・セスター): ギター、ヴォーカル CHRIS CESTER(クリス・セスター): ドラムス、ヴォーカル CAMERON MUNCEY(キャメロン・マンシー): ギター、ヴォーカル MARK WILSON(マーク・ウィルソン) ベース

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります