大黒摩季

お気に入りされている
6,901
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS20 ALBUMS
APPEARS ON
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
札幌市・藤女子高等学校を卒業後、アーティストを目指して上京。スタジオ・コーラスや作家活動を経て、1992年「 STOP MOTION」でデビュー。 2作目のシングル「DA・KA・RA」を始め「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」などのミリオンヒットを立て続けに放ち、1995年にリリースしたベストアルバム「BACK BEATs #1」は300万枚を超えるセールスを記録する。TV出演やLIVEも行わなかったことから、大黒摩季4CGで存在しないなどの都市伝説があった中、 1997年の初ライブでは有明のレインボースクエアに47,000人を動員し、その存在を確固たるものにする。その後も毎年全国ツアーを継続し、精力的に活動するも 2010年病気治療のためアーティスト活動を休業する。その間、地元・北海道の長沼中学校に校歌を寄贈、東日本大震災により被災した須賀川小学校への応援歌・歌詞寄贈、東日本大震災・熊本地震への復興支援など社会貢献活動のみ行っていたが、昨年よりDISH//、TUBE、郷ひろみなどの作詞提供をはじめクリエイティブ活動を再開。 アトランタ・オリンピックや「ゆうあいピック北海道大会」のテーマソング、アテネ・オリンピックの女子ホッケー・チームのサポートソング、そして2015年には再生に向けたスカイマーク・エアラインに応援歌を提供するなど「応援ソング」には定評がある。 2016年8月、ライジングサン・ロックフェスティバルでの出演を皮切りに、故郷である北海道からアーティスト活動を再開。 1989年第3回ビーイング BADオーディションに合格。CMソングの作曲やボーカル、B’z、 TUBE、ZARD、T-BOLAN、 WANDS等のレコーディングにコーラス参加。 1992年5月、シングル「STOP MOTION」でデビュー。2作目の「DA・KA・RA」が110万枚のセールスを記録。 この年、数々の新人賞を受賞。 以降、「別れましょう私から消えましょうあなたから」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」などのヒットを放つ。 アルバム「永遠の夢に向かって」が150万枚を超えるミリオンセラーとなる。 1995年「ら・ら・ら」が最高位1位、約130万枚のセールスを記録する。 アルバム「LA.LA.LA」が最高位1位、約160万枚のヒットに。 初のベストアルバム「BACK BEATs #1」が最高位1位、約300万枚を記録し爆発的な支持を得る。 以降も「熱くなれ」「あぁ」「空」などのヒットを放つ。 1997年デビュー後初となるライブをレインボースクエア有明にて開催。4万7千人を動員する。 アルバム「POWER OF DREAMS」が最高位1位、約175万枚のヒットに。 初の全国ツアーを開催。〜以降、毎年、全国ツアーを開催する。 1999年12月31日テレビ朝日開局40周年特別企画「世界50億人が目撃!1999~2000大黒摩季ライブ in NARA」に生出演。 2004年異色のコピー・バンド “大黒摩季とフレンズ” を結成、武部聡志(Keyb)・土屋公平(Gt)・恩田快人(Ba)・ 真矢(Dr)と共に「COPY BAND GENERATION VOL.1」をリリース、ライブ・ツアーを開催。 アテネ・オリンピック出場の“女子ホッケー・チームのオフィシャル・サポートソング「ASAHI ~SHINE & GROOVE~」をリリース。 2007年北海道登別明日(のぼりべつあけび)中等教育学校に校歌「明日(あけび)の空に」を寄贈。 夕張市の地域再生プロジェクト「しあわせの桜ともみじ」に「桜ごころ」を書き下ろす。 15周年特別企画として「大黒摩季とフレンズ」を再結成。 北海道の民謡歌手「KAZUMI」とともに「大黒摩季 & KAZUMI DREAM LIVE」を企画、北海道各地でライブを行う。 中国深セン日本人学校へ校歌「素直なままで」を寄贈。 2009年プロウィンドサーファー・飯島夏樹の小説を基にしたTBSドラマ「天国で君に逢えたら」のテーマソング『最後の ラブレター』を手掛けた。 フットサルのエスポラーダ北海道の応援ソング「FIGHT TO WIN」を手掛ける。 2010年オリジナル・アルバム「すっぴん」のリリースと同時に、重度の子宮疾患治療のため10月末をもって活動休止を発表し、休業前最後となる全国ツアーを全国7ヶ所で開催. テレビ朝日系「仮面ライダーOOO(オーズ)」の主題歌「Anything Goes!」を担当し、映画「仮面ライダー×仮面ライダー&ダブルfeat.スカル」の主題歌「HEART∞BREAKER」を吉川晃司氏とのユニット「DaiKichi~大吉~」として リリース。 10月29日のファンクラブ・イベントを最後に、アーティスト活動の無期限休止に入る。 2011年東日本大震災後、日本赤十字に協力、復興ボランティアに参加する。 さらに、復興支援として、福島県須賀川市立第一小学校応援ソング「希望のうた~カワセミのように~」を在校生・教員と共に作詞を手掛ける。 慈慶学園グループの教育顧問として、新人アーティストへの育成を担当する。 2014年北海道夕張郡長沼町『長沼中学校』の新校歌『希望の丘』とを描き下ろし、寄贈。 2015年民事再生に向けたスカイマーク・エアラインに応援歌「take off〜SKYMARK.CheerUP←Version~」を提供。 クリエイティブ活動を段階的に再開、TUBE、La PomPon、DISH//、アンティック-珈琲店-らに作品提供、コーラスアレンジ及びコーラス参加をする。 2016年郷ひろみに作品提供・コーラスアレンジ及びコーラス参加、「d-project with ZARD」にコーラス参加をする傍ら、復帰に向けたリハビリを開始する。 6月20日、アーティスト活動再開を発表!!

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります