SEAMO

お気に入りされている
9,056
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS35 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
1995年より地元名古屋、東海地区を中心にシーモネーターとしてインディーズ活動を初め、同地区におけるHIP HOPの新しいスタイル、ムーヴメントを確立。その後、若きHIP HOPアーティストとのチーム「男塾」を結成。(現在も名古屋では“塾長”の愛称で親しまれている)2001年には、多くの観客動員を誇るモンスターイベント「名古屋 男(だん)尻(じり)祭り」のオーガナイズをスタート。2002年、ソニー・レコーズより米米クラブの「浪漫飛行」を大胆にサンプリングした「浪漫ストリーム」で待望のメジャーデビュー。全国のラジオOAチャート3位を記録する。その後、放送禁止となった幻の名曲「半熟ラバーズ」などを発表しつつ、過激且つ、精力的に活動を続ける。同郷のnobodyknows+やHOME MADE家族なども参加した自身の作品リリースだけでなく、BENNIE Kの「天狗 VS 弁慶」にフィーチャリング参加、ケミストリーの「君を探してた」のremixも担当。他にも加藤ミリヤ、RYO(ケツメイシ)…などと数々のアーティストとのコラボレーションを果たし、リスペクトを集める。2005年、シーモネーターとしての活動はやりつくした…との思いから名前をSEAMOに改名。3月にさだまさし氏の「関白宣言」を大胆にリメイクしたシングル「関白」でデビュー。7月には2ndシングル「DRIVE」をリリース。全国FMラジオを中心に20局以上のヘヴィ・ローテーションを獲得。夏大型イベントの出演を経て、お互いをリスペクトする親交の深いBENNIE Kとのコラボレーション・シングル「a love story」、そして1stアルバム『Get Back On Stage』を10月にリリース。「a love story」は、数々のラジオ・ステーションでNo.1を記録。USENチャートも2位まで上昇し、2005年の秋を代表するヒットとなる。また数々のゲストが参加の1stアルバムは、まさに愛と男気をユーモアに溢れた内容でHIP HOPシーンだけでなく、J-POPシーンにおいて話題となる。そして2006年、4月リリースの4thシングル「マタアイマショウ」は、その切ない歌詞に共感を持ったリスナーからの反響がじわじわと広がり、ラジオリクエスト、有線、カラオケでの大きな反響を得て超ロングヒット。そしてLOVE SONGでファンのハートをつかんだ後は、「ルパン三世のテーマ」をリメイクしたキラーチューン、「ルパン・ザ・ファイヤー」で今度はリスナーのハートを打ち抜き、シングル初のTOP10入り!そんな状況を受けて9月に発売されたSEAMOワールド全開の2ndアルバム『Live Goes On』は、チャート初登場1位を記録。年末には「紅白歌合戦」を含む大型TV番組の出演もあり、「マタアイマショウ」『Live Goes On』は2007年1月、2月とチャートインを継続する。「マタアイマショウ」の着うた関連はトータルで300万ダウンロード突破。アルバム『Live Goes On』は50万枚のセールス記録。2007年は第1弾リリースとなるシングル「Cry Baby」を4月に発売。映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」の主題歌にも起用される。その温かいメッセージに大人から子供まで大きな反響をよび、チャート初登場6位にチャートイン。そして7月にスガ シカオをゲストに迎えた熱いメッセージをこめたファンキーチューン「Fly Away」をリリースし、こちらもTOP10入りを果たす。夏は約1万人を集めた地元での自身企画のフェス「TOKAI SUMMIT」の開催、SUMMER SONIC、ROCK IN JAPANなど大型フェスへの参戦で、SEAMO熱を沸き起こす。そして9月に久しぶりのラヴソング「軌跡」をリリース。そして10月にはスガ シカオ、BoA、mihimaru GTのhirokoら豪華ゲスト陣も参加した3rdアルバム『Round About』をリリース、初登場2位をマーク。そして11月より全国11箇所12公演のツアーをスタート!ファイナルは2008年1月20日に初の武道館公演(チケットはソールドアウト)を行い、エンターテイメントなステージを展開し絶賛を浴びる。2008年は日本武道館公演から始まり4月にはその模様を納めたDVD「SEAMO Round About Tour~2007年 シーモ半期 珍プレー好プレー大賞~ Final at 日本武道館」をリリース。5月には、母へのメッセージを込めたシングル「MOTHER」をリリース、自己最高位のシングルチャート5位を記録した。6月にはAYUSE KOZUEを招きリレコーディングした隠れた名曲「Honey Honey feat. AYUSE KOZUE」とSEAMOの裏ベスト的ともいえるカップリング曲を集めたコレクションアルバム「Stock Delivery」を同時にリリース。7月26日には昨年開催した自身が発起人となる夏フェス、TOKAI SUMMIT'08をナガシマスパーランドにて行い13000人を動員、他全国各地の夏フェスにも積極的に参加し、延べ10万人以上のオーディエンスを熱狂させた。10月には自身初となるドラマ(日本テレビ・読売テレビ系「夢をかなえるゾウ」)の主題歌となるシングル「Continue」をリリース、「夢をかなえる魔法は諦めない事」というメッセージが詰まった曲であり各所から好評を得る。11月には4枚目となるオリジナルアルバム「SCRAP & BUILD」をリリースした。2009年1月、今まで制作した全てのビデオクリップを収録したDVD「SEAMO ON DEMAND~perfect clip collection~」をリリースし全国ツアー「SEAMO SCRAP & BUILD TOUR」を実施、全国16箇所17公演。3月17日の東京公演はHIPHOPソロアーティストとして初の国立代々木競技場第一体育館にての開催、ツアーファイナルは地元愛知県の日本ガイシホールで公演を行った。 ■ニックネーム : 塾長 ■本名 : 高田 尚輝 / 1975年10月31日 / 蠍座 / A型 ■出身地 : 名古屋出身 ■趣味 :競馬(馬主経験有り)/ スロット(プロ並み)/ 麻雀 / 車 / 自転車(車なみの値段のする高級自転車所有) ■得意なスポーツ : 水泳 ■好きな食べ物 : コロッケ / 湯豆腐 ■嫌いな食べ物 : こんにゃく ■好きなチーム : (言うまでもなく)中日ドラゴンズ / 名古屋グランパスエイト ■初めて買ったレコード : ふられ気分でRock’n Roll (TOM CAT) ■影響を受けた国外アーティスト : BIZ MARKEY / KOOL KEITH / MC HAMMERなどなど ■影響を受けた国内アーティスト : ユニコーン / SING LIKE TALKING / ORIGINAL LOVEなどなど ■好きなマンガ : 北斗の拳 / 男塾 / 魁男塾 / 男樹 / 天地を喰らう / サラリーマン金太郎 / クロカン ■好きな映画 : アンドリュ− / アビス / ターミネーター / セントオブウーマン / HERO ■好きな言葉 : 退かぬ媚びぬ顧みぬ(byサウザ−) ■将来の夢  : シーマンション (SEAMOファミリー集結マンション!) / ダービー馬主

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります