Michael Jackson MY BEST

Michael Jackson MY BEST
Playlist by YOU
1,100
27
  • 2019.01.07
  • 38:50
  • 8 Tracks
登録不要!1か月無料で聴き放題
TRACKS
DESCRIPTION
マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 - 2009年6月25日)はアメリカ合衆国のエンターテイナー。シンガーソングライター・ダンサーなど、活動は多岐にわたる。「キング・オブ・ポップ」と称される。 1958年8月29日、アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリーのアフリカ系アメリカ人街の家庭に六男として生まれる。父ジョセフは貧しいクレーン操縦士、母キャサリンはデパートのパートタイム従業員として家計を支えていた。 マイケルの兄ジャッキー、ティト、ジャーメインは父のギターを隠れて演奏していた。しかしある時ティトが弦を一本切ってしまう。張り替える間も無く見つかり、いつものようにジョセフは体罰を振るおうとするがティトが「僕にだって弾けるんだ」と抵抗を示し「なら弾いてみせろ」と言われ必死に演奏するとジョセフは中々上手いことに気付く。ジョセフは自身もバンドメンバーであった経験を生かし子供達に音楽を教えることを決意する。 1963年、当初マイケルはグループに参加していなかったものの、キャサリンがジョセフに「この子は歌えるのよ」と助言したことからグループに加入。この頃から「ジャクソン5」と名乗るようになった。 1967年、ニューヨークのアポロ・シアターにまで進出。そこではジェームス・ブラウンやジャッキー・ウィルソンのパフォーマンスを生で学んだという。 1968年1月、スティールタウン・レコードから「Big Boy」でデビュー。この頃ライブの前座でボビー・テイラーに出会う。ジャクソン5の素質を見出したボビーはモータウン・レコードと契約させるべくジャクソン・ファミリーを無理矢理デトロイトに連れて行く。それが功を奏し、7月にモータウンとの契約を結ぶ。 1969年10月、「I Want You Back」でジャクソン5としてメジャーデビュー。デビュー曲でありながらいきなり全米チャート1位に登り詰めた。続く「ABC」ではビートルズの「Let It Be」を首位から引き摺り下ろし再び1位になった。続く「The Love You Save」、「I'll Be There」もチャートを制し、デビュー早々4曲連続全米チャート1位という偉業を成し遂げた。 1971年10月、「Got To Be There」でソロデビュー。しかしこの頃ジャクソン5とモータウンの方向性の違いが露呈。マーヴィン・ゲイやスティービー・ワンダーが自身で作詞作曲、プロデュースする姿をみて自分にも同様の権利を求めたがモータウンは拒否。 1975年、エピック・レコードに移籍。しかしモータウンが「ジャクソン5」の名前の使用を認めなかった。そのため「ジャクソンズ」に改名することになる。 1978年、ミュージカル映画『The Wiz』に出演。エピックからのデビューシングルは映画のサウンドトラックに収録される「You Can't Win」だった。現場でクインシー・ジョーンズに出会う。マイケルが「誰か僕に合うプロデューサーはいないかな」と話したところクインシーが「僕じゃ駄目かな?」と答えたという逸話が残っている。 Off The Wall期 1979年、クインシーをプロデューサーに迎えて『Off The Wall』を制作。7月に発売された先行シングル「Don't Stop 'Til You Get Enough」では初めて自身で作詞作曲を手掛け、自身出演のスズキ・ラブのCMソングにも使われた。またこのアルバムは同一アルバムから4作のシングルが全米チャートトップ10に入るという史上初の快挙を成し遂げた。 1981年3月、モータウンでの最後のアルバム『Forever, Michael』から「One Day In Your Life」がシングルカット。Off The Wallとの相乗効果もあり全英1位を記録した。 Thriller期 1984年、ロナルド・レーガン大統領夫妻とともに 1982年7月、映画『E.T.』に「Someone In The Dark」を提供。ストーリーブックのナレーションにも参加した。10月、『Thriller』の先行シングルとしてポール・マッカートニーとのデュエット「The Girl Is Mine」を発表。 1983年1月、のちに自身最大のヒットシングルとなる「Billie Jean」を発表。5月にはモータウン25周年記念に出演しムーンウォークを初披露する。続けて革新的なミュージック・ビデオを次々と発表。中でも「Thriller」はミュージック・ビデオとしては唯一(2010年1月現在)アメリカ議会図書館に永久保存されるなど多大な功績を残している。同アルバムはギネス記録に「史上最も売れたアルバム」として認定されている。 1984年1月、ペプシコーラのCMを撮影中、事故で頭部に火傷を負う。しかしながら両者の関係は悪化することなく事態は収束した。年末Victory Tourの終了を機にジャクソンズを脱退した。 1985年、アフリカ飢餓救済のためのプロジェクト「USA for Africa」に参加。「We Are The World」ではライオネル・リッチーと共に作詞作曲を手掛けた。 1986年9月、マイケル主演ディズニーランドの3Dアトラクション『キャプテンEO』が公開。 Bad期 1987年7月、『Bad』から先行シングル「I Just Can't Stop Loving You」を発表。同アルバムは史上初めて全米チャート5曲連続1位という快挙を成し遂げた。9月には自身初のワールド・ツアー『Bad World Tour』を日本から開始。横浜公演は日本テレビで放映された。最終的に同ツアーは4つのギネス記録を打ち立てることになる。 1988年1月、自伝『ムーンウォーク』を発表。5月には豪邸ネバーランドに引越。10月、マイケルが主演・原案製作総指揮を行った映画『ムーンウォーカー』が公開。劇中で「Smooth Criminal」や「Leave Me Alone」のショート・フィルムが公開された。 1989年、BREアワーズでポップ・ロック・ソウルの三部門を制した。エリザベス・テイラーはこれを「ポップ・ロック・ソウルの真の王者」と称した。マイケルが「キング・オブ・ポップ」と呼ばれるようになったきっかけである。 1990年、アーケードゲーム『マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』が発表される。 Dangerous期 1991年10月、『Dangerous』から先行シングル「Black Or White」を発表。人種の壁を乗り越えようという歌詞が多くの人に受け入れられ20ヶ国のチャートで1位を獲得。ショート・フィルムにはマコーレ・カルキン、日本人ダンサーのユーコ・スミダ・ジャクソンも出演した。 1992年6月、2度目のワールド・ツアー『Dangerous World Tour』を開始。収益金は全てHeal The World基金に寄付された。7月発表「Jam」のショート・フィルムではNBAの選手でマイケル同様「MJ」のイニシャルを持つマイケル・ジョーダンと共演。 1993年1月、スーパーボウル・ハーフタイムショーに出演。スーパーボウル・ハーフタイムショーは2014年現在ではアメリカ最大の視聴率を誇る祭典だが、当時の視聴率は低迷していた。しかしマイケルが出演すると視聴率は前半戦を超えたため、以降は有名アーティストの出演が恒例となった。2月、オプラ・ウィンフリー・ショーに出演。インタビューではさまざまな疑惑に答えた。尋常性白斑に罹患していることを明かしたのもこの番組中であった。8月、性的虐待疑惑が浮上。裁判が推定7年近くかかること、またマイケルが精神的に危険な状態にあったことなど音楽活動への多大な影響を懸念して和解。しかし和解を結んでしまったことで世間からは偏見の目を向けられ、後のマイケル・ジャクソン裁判まで尾を引くことになる。 1994年5月、エルヴィス・プレスリーの娘リサ・マリー・プレスリーと結婚。 HIStory期 1995年5月、『HIStory』から先行シングルとして妹ジャネットとのデュエット「Scream」を発表。ショート・フィルムは「史上最も費用の使われたミュージック・ビデオ」としてギネス記録に認定されている。8月発表の「You Are Not Alone」では前人未到の全米POP、R&Bチャート初登場1位という快挙を成し遂げた。10月発表の「Earth Song」はイギリスにおけるマイケル最大のヒット曲となった。 1996年1月、リサと離婚。9月には3度目のワールド・ツアー『HIStory World Tour』を開始。11月、デビー・ロウと結婚。 1997年5月、ジャクソン5としてロックの殿堂入り。同月リミックス・アルバム『Blood On The Dance Floor』を発表。プロモーションも殆ど行われなかったが600万枚の売上を記録。リミックス・アルバムとしては史上最高売上である。 1999年6月、マイケルと有志の友人たちがチャリティコンサート「マイケル・ジャクソン & フレンズ」を開催。収益金は赤十字社、ユネスコ、ネルソン・マンデラ子供基金に寄付された。 デビー・ロウと離婚。 Invincible期 2001年3月、史上最年少でロックの殿堂入り。9月にはマイケル・ジャクソン 30周年記念ソロ・イヤーズを開催。ジャクソン5も再結成し、新曲「You Rock My World」も披露された。同曲は翌月『Invincible』から先行シングルとしてリリース。10月アルバムを発表。同時に『Off The Wall』、『Thriller』、『Bad』、『Dangerous』のデジタルリマスター盤も発売。また同月アメリカ同時多発テロの被災者支援のため、ワシントンD.C.RFKスタジアムでチャリティコンサートを行う。新曲「What More Can I Give」も披露され、約300万ドルの収益を集めた。この頃ソニーとの確執が表面化。ソニー戦争と呼ばれる一連の騒動は裁判にまで発展する。結果的にはマイケル側が勝訴した。 晩年 2003年10月、『Number Ones』からの先行シングル「One More Chance」を発表。11月、性的虐待疑惑が浮上。マイケル・ジャクソン裁判として全世界の注目を受ける。 2004年11月、『The Ultimate Collection』を発表。 2005年6月、裁判の全ての起訴事実に関して無罪が言い渡される。7月、DVD『ライヴ・イン・ブカレスト』を発売『Dangerous World Tour』、ルーマニア公演が収められている。 2006年5月、訪日。無罪判決後初めて公の場に姿を表す。MTVジャパンのレジェンド・オブ・ミュージック・アワードを受賞。 2008年2月、『Thriller 25周年記念盤』を発売。8月にはベスト・アルバム『King Of Pop』をリリース。 2009年3月、記者会見を開きO2アリーナで最後のツアー『THIS IS IT』を行うと発表。チケットが売り出されると4時間で50公演分が完売した。 死後 2009年6月25日、自宅にて心肺停止状態に至り死亡。主治医は過失致死罪の有罪判決を受けている。 詳細は「マイケル・ジャクソンの死」を参照 10月、予定されていたO2アリーナでの公演のリハーサル映像を収めたドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が公開。翌年発売されたBlu-rayは日本のオリコンにおいては歴代4位の売上を記録している。この年Googleの検索ワードランキングで1位になった。 2010年6月25日、一周忌であるこの日にドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』が公開。12月、生前の未発表曲を集めたアルバム『MICHAEL』を発表。イエロー・マジック・オーケストラの「Behind The Mask」のカバーなどが収録された。 2011年1月、ドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン ライフ・オブ・アイコン 想い出をあつめて』が公開。ホイットニー・ヒューストンなど生前の友人やマネージャー、アーティスト達がマイケルとの想い出を語っている。11月、シルク・ドゥ・ソレイユとのコラボリミックス・アルバム『Immortal』を発売。 2012年9月、『Bad 25周年記念盤』を発売。『Bad World Tour』、ロンドン公演を収めたDVD『ライヴ・アット・ウェンブリー』も同梱、単独でも販売されている。スパイク・リー監督の映画『BAD25』も公開。 2014年5月、生前の未発表曲を集めたアルバム『Xscape』を発表。ビルボード・ミュージック・アワードでは「Slave To The Rhythm」のホログラム・パフォーマンスが行われ話題になった。8月、「A Place With No Name」がシングルカット。ショート・フィルムはTwitterで先行公開された。11月発売予定のクイーンのアルバム『Queen Forever』にフレディ・マーキュリーとのデュエット曲「There Must Be More To Life Than This」を収録。 歌唱力 マイケルの音域は4オクターブに及ぶ。『Invincible』収録の「2000 Watts」では今までにないほど低い声で歌われているためデジタル処理で声を加工したのではないかとも言われたが実際は加工されていない。 またその歌唱力を維持するための努力も欠かさず、ウィル・アイ・アムによるとマイケルは5秒のパートをレコーディングするのに1時間のウォーミングアップを要し、広い声域を守る為普段から高音で話していた。 ボイスパーカッションも得意としており曲を思いついた時にはまずテープレコーダーに録音するのだという。オプラ・ウィンフリー・ショーで「Who Is It」を披露している他、「Tabloid Junkie」、「Beat It (Demo)」などで確認出来る。 ダンス 「Billie Jean」などで披露されるマイケルの代名詞とも言うべきムーンウォークはゲットーで踊る黒人少年からヒントを得たものである。 「Smooth Criminal」中に披露される斜め45度に傾くパフォーマンス、ゼロ・グラヴィティでは特許を取得している。 パントマイマーとしても知られる。「パントマイムの神様」と称されるマルセル・マルソーは「マイケルは生まれながらのパントマイム・アーティストだ」と語っていたという。 ファッション 1983年の『キャプテンEO』以降、マイケルの衣装はマイケル・ブッシュとデニス・トンプキンスが担当している。ブッシュによるとマイケルは衣装が会場の最後尾の観客にも見えるよう気を配っており、そのため衣装の多くはライトストーンで覆われている。ルーズソックスにもライトストーンが散りばめられていたが、ブッシュの高度な縫製技術を持ってしてもマイケルの激しいパフォーマンスには耐えられず、コンサート終盤にはライトストーンが落ちてしまう。そのためブッシュは夜通し修復を行っていたという。 「ゼロ・グラヴィティ」の特許を開発したのもブッシュである。仕掛けが成功した時マイケルは感動の涙を流したという。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります