🔶3H面🔶ボサノバ

🔶3H面🔶ボサノバ
7,984
65
  • 2019.06.22
  • 24:34
  • 8 Tracks
登録不要!1か月無料で聴き放題
TRACKS
DESCRIPTION
ボサノバ🌴集め始めたよ✨ 随時更新、ローテします✨ なくなっちゃったら、ごめんなさい🙏 2018.01.14✨ 2018.03.18更新✨ 2018.03.11更新✨ 2018.02.24更新✨ 2018.02.17更新✨ 2018.02.03更新✨ 2018.01.28更新✨ 2018.01.27更新✨ 2018.01.20更新✨ 2018.01.16更新✨ ■ボサノヴァ(Bossa Nova) ブラジル音楽の様式(ジャンル)のひとつである。 ボサノバと表記されることも多い。 Bossa Nova の Nova とはポルトガル語で「新しい」、 Bossa とは「隆起、こぶ」を意味する。 したがって Bossa Nova とは「新しい傾向」「新しい感覚」などという意味になる ✨なお Bossa という語は、すでに1930〜1940年代に黒人サンビスタなどがサンバ音楽に関する俗語として、他とは違った独特な質感をもつ作品を作る人に対して「あいつのサンバにゃボサがある」などと使い、それらの楽曲を Samba de Bossa などと呼んでいた ✨1950年代後半、リオデジャネイロのコパカバーナやイパネマ(Ipanema)といった海岸地区に住む中産階級の学生やミュージシャンたちによって生み出された。 ブラジルでのヒットのきっかけは 1958年にアントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ヴィニシウス・ジ・モラエス作詞、ジョアン・ジルベルト歌・ギターによる“Chega de Saudade”(シェーガ・ジ・サウダージ、邦題:想いあふれて)のシングルレコードによってである。 ただしこの時点ではボッサ・ノヴァという呼び名はまだ生まれていなかった。 ✨サンバやショーロをはじめとするブラジルの伝統的な大衆音楽、 特にサンバ・カンサゥン (Samba Canção) を基に、中産階級の若者たちの求めていた心地よく洗練されたサウンド、「新しい感覚」のサンバとして成立した。 ボサ・ノヴァをジャズの一種と見るなどさまざまな見方もあるが、少なくとも本来のボサ・ノヴァはサンバの一種であると定義される。 その出現はブラジルのポピュラー音楽に大革命を起こし、その後世界中の音楽シーンに大きな影響をあたえた。 ✨1959年には、1957年にジョビンとモライスが古代ギリシャのオルペウスの神話を題材にして企画した劇を元にした ブラジル・フランス合作映画「黒いオルフェ」(マルセル・カミュ監督) の劇中曲として多くのボサノヴァが使われ、世界にその存在を知らしめた。 ✨また1962年11月21日には、カーネギー・ホールでボサノヴァのコンサートが行われ、 ジョアン・ジルベルト、 カルロス・リラ、 セルジオ・メンデス 等が出演。 ✨1963年には、ジョアン・ジルベルトがアメリカのジャズ・サックス奏者スタン・ゲッツと共演したボサノヴァ・アルバム『ゲッツ/ジルベルト』が制作され、 アメリカで大ヒット、 特にこの中でジョアンの当時の妻アストラッド・ジルベルトが英語詞で歌った「イパネマの娘」は爆発的な売り上げを記録し、アメリカの大衆に「ボサノヴァ」を浸透させた (しかしこのアルバムのためにアメリカの大衆は「ボサノヴァはゲッツの創始になるもの」「ボサノヴァを代表する歌手はアストラッド」という極端な誤解をしてしまったともいう)。 ✨著名な曲 ボサノヴァの曲の中でスタンダードとなっている曲を以下に列挙する。 イパネマの娘 (Garota de Ipanema) リカード・ボサノヴァ (Recado) カーニバルの朝 (Manhã de Carnaval) マシュ・ケ・ナダ (Mas que Nada) おいしい水 (Água de beber) ウェーブ (Wave) ジンジ (Dindi) 私のサウダージ (Minha Saudade) 海のそよ風 (Brisa do Mar) サンバ・ヂ・ウマ・ノタ・ソ / ワン・ノート・サンバ (Samba de Uma Nota Só) 想いあふれて (Chega de Saudade) ア・フェリシダーヂ (A Felicidade) メディテーション (Meditação) デサフィナード (Desafinado) ■BYウィキぺディア 抜粋■

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります