🔶A1面🔶ロック⚡️洋楽

🔶A1面🔶ロック⚡️洋楽
21,091
99
  • 2019.06.10
  • 33:07
  • 8 Tracks
登録不要!1か月無料で聴き放題
TRACKS
DESCRIPTION
洋楽🔶ロック⚡️集めてる途中の曲✨ 時々、更新・入替します✨ なくなっちゃたら、ごめんなさい。🙏 2017.10.25✨ 2018.04.08更新✨ 2018.03.18更新✨ 2018.03.11更新✨ 2018.02.24更新✨ 2018.02.17更新✨ 2018.02.11更新✨ 2018.02.03更新✨ 2018.01.28更新✨ 2018.01.13更新✨ 2018.01.11更新✨ 2018.01.08更新✨ 2018.01.06更新✨ 2018.01.05更新✨ 2017.12.31更新✨ ■ワンオクTaka、Linkin Parkチェスター追悼コンサートに出演 2017年10月26日 12:15 10月27日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスのHollywood Bowlで行われるLinkin Parkのチェスター・ベニントン(Vo)の追悼コンサートに、ONE OK ROCKのTaka(Vo)が出演することが決定した。 このコンサートにはLinkin Parkのメンバーのほか、バンドと関わりがあったアーティストたちが多数参加。Takaは過去に、チェスターとテレビ番組で共演するなど親交があった。 なおコンサートの模様は日本時間の10月28日(土)11:45よりYouTubeにて生配信される。 ■BYマイナタリー■ ■スポティファイが「世界のトップ・バンド20」のランキングを発表している。 2017.夏頃 で、チョットマーク PLにあるバンド✨ どっかのPLにあるだろうバンド⭐️ ✨1. コールドプレイ ✨2. トゥエンティ・ワン・パイロッツ ✨3. ザ・ビートルズ ✨4. リンキン・パーク ✨5. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ ✨6. パニック・アット・ザ・ディスコ ✨7. メタリカ 8. アークティック・モンキーズ ✨9. クイーン ✨10. フォール・アウト・ボーイ ✨11. グリーン・デイ ✨12. AC/DC ✨13. ピンク・フロイド 14. ブリンク182 15. パラモア ⭐️16. ガンズ・アンド・ローゼズ ✨17. ニルヴァーナ ✨18. ザ・ローリング・ストーンズ 19. ザ・1975 20. キングス・オブ・レオン ■2017.10.17■ ✨イーグルス40周年✨ しびれる💕この曲💕 泣きのギター🎸 いいねぇ⚡️⚡️⚡️ ■イーグルス『ホテル・カリフォルニア』40周年記念盤がリリース決定。 未発表ライブ音源も 26分前 イーグルスが1976年12月に発売し、世界中で3,200万枚のセールスを記録したアルバム『ホテル・カリフォルニア』の40周年記念盤がリリースされる。 『ホテル・カリフォルニア:40周年記念デラックス・エディション』には新たにリマスターされたアルバム音源に、ハイレゾのステレオ音源と5.1ミックス、さらに10曲の未発表ライブを収録。更に未発表写真を掲載した約28cmx28cmのハードカバーのブックレット、ツアー・パンフレットのレプリカと、約28x56cmのポスターが封入されている。 このコレクションは11月24日発売となり、2枚組CDからなるエクスパンデッド・エディションと、1枚組の40周年記念エディションも同時発売となる。 イーグルスはこの夏行われたフェス「The Classic East」、「The Classic West」で復帰を果たしており、ヴィンス・ギルとイーグルスの創設者、グレン・フライの息子、ディーコン・フライを加えたバンドで、さらなるライブも計画されているという。 ■BYロッキングオン■ ■スティーヴィー・ワンダーが、人種差別に抗議するNFL選手へのトランプの発言に反発しステージで跪く。グリーンデイもトランプに反発。[グローバル・シチズン] 2017.09.25 22:22 9月23日、NYのセントラルパークで、毎年恒例となっているチャリティ・コンサート、グローバル・シチズンが開催されたので行って来た。 その中で現在最大の話題となっているのは、ヘッドライナーだった、スティーヴィー・ワンダーが、トランプに抗議して、ステージで跪いたこと。 チャリティ・イベントは全世界で中継され、その全編が今ならYouTubeで見られる。 スティーヴィー・ワンダーが跪くシーンは、4時間44分くらいから。 彼は、ここで「私は、今日、アメリカのために跪く。それも片膝ではなくて、両膝で。両膝をついて、地球のために、未来のために、世界のリーダーのために、祈りを捧げたいと思う」と語り大歓声を受けた。 これは、現在アメリカで大論争となっているトランプの発言を受けて、それに反発の意を表して行ったものだ。トランプは、イベントの前日22日に、支援集会で演説を行い、その中で、NFLの試合の前の国家斉唱で起立しない選手はクビにするべきであり、ファンは試合をボイコットするべきだ、と述べたのだ。しかもその言葉使いが最悪でなんと、「"son of a bitch" (くそ野郎)は、フィールドから今すぐつまみ出せ。クビだよ、クビ!」と語ったのだ。大統領が、”son of bitch"という言葉を公の場で使ったというだけでも衝撃的だ。 アメリカでは、現在「跪く」ことが、トランプへの抗議として行われている。元々は、去年NFLの選手であるコリン・キャパニックの行動に始まったもの。彼が、人種差別と警察官による黒人への不当な暴力に抗議し、試合の前の国歌斉唱の時に起立せずに、片膝を付いたのだ。これはいまだにアメリカでも大きな論争となっている。ケンドリック・ラマーは、彼の行動を支持するラップを披露していて、ミュージシャンの中には、彼の勇気ある行動に賛同する人達が多くいる。オバマ大統領は、見方によっては混乱したメッセージを送ってしまうとしながらも、支持していた。 NFLは、トランプの発言に反発し、選手の言論の自由を支持するという声明文を発表している。その詳細は、NFLの日本の公式サイトで読める。 またNFLに留まらずこの週末には、NBLの選手も国家斉唱の際に跪き話題となっていた。NBLも、同様に選手の言論の自由を支持するという声明文を発表している。 しかし、トランプは、さっそく、NFLの試合は退屈すぎて、観客数は減っているし、TV視聴率も下がりっぱなしだ、という内容のツイートで反撃している。 さらに、トランプの攻撃は、NFLに留まらず、同じくこの週末に、NBAのチームと選手にまでおよんでいる。なんと優勝したゴールデン・ステイト・ウォーリアーズの選手ステフィン・カリーが、トランプの政策に反発し、招待されてもホワイト・ハウスに行かないと発言していたため、「ホワイトハウスに来ることは、優勝したチームにとっては名誉なことである。だが、ステフィン・カリーが躊躇しているようなので、招待は取り消しだ!」とツイートしたのだ。カリーは、これに対して、驚きを隠し切れず、「リーダーの行動とは思えない」と発言している。 またNBAの選手であるレブロン・ジェームズの発言が一番的を得ているような気がする。「スポーツは、我々を団結させるものであるということは、もうみんな分かっていることだ。しかしそれを我々をさらに分断させるために使おうとする彼の行動には我慢がならない。黙っているわけにはいかない」。 チャンス・ザ・ラッパーなどが早速、ジェームズのコメントに賛同。「アメリカ大統領が、世界が終ろうかという大問題が起きている最中に、言論の自由を主張する黒人のスポーツ選手を標的にして挑戦状を叩き付けている」というツイートをしている。 ✨✨✨ つまり、説明が長くなってしまったが、トランプは、この週末に黒人スポーツ選手への批判的な行動をいくつも続けて起こし、それが大論争となっているその最中に、アイコンであるスティーヴィー・ワンダーが、世界で中継されている音楽イベント、グローバル・シチズンのステージでなんと両膝で跪いたので、大きな話題となったのだ。 ✨✨✨ 🎵🎵🎵 またグリーンデイのライブが1秒1秒感動的で、"アメリカン・イディオット”の歌詞を一部変えて、 「I'm not a part of Trump America(=俺はトランプのアメリカには属しちゃいねえ)」と歌い、 トランプを攻撃した。 また”ホリデー”では、「俺達は、世界を再び偉大にしてみせるんだ!」と、トランプのスローガンである”MAKE AMERICA GREAT AGAIN”の、「アメリカ」を「世界」に変えて叫んだ。 🎵🎵🎵 グローバル・シチズンは、世界から2030年までに貧困をなくそうという目標を掲げて毎年行われている。 今年、スティーヴィー・ワンダーの他に出演したのは、 グリーン・デイ、 ザ・キラーズ、 ザ・ルミニアーズ、 ザ・チェインスモーカーズ、 ビッグ・ショーン、 アンドラ・デイ、 アレッシア・カーラ スティーヴィー・ワンダーは、ジョン・レノンの”イマジン”もカバーした。会場のセントラルパークに面したアパートに住んでいたジョン・レノンに「ここから10ブロックのところに住み、そしてそこで亡くなったジョン・レノンを讃えたい。彼のスピリットは今も生きているから」と語った。 ■BYロッキングオン■ ■フー・ファイターズが、新曲「The Line」を公開した。 来週リリース予定のニュー・アルバム『Concrete And Gold』からは、「Run 」「The Sky Is A Neighborhood」につづいて3曲目のカット。 ニュー・アルバムには、ポール・マッカートニー、ジャスティン・ティンバーレイクが参加。 ■BYロッキングオン■ ■フーファイのテイラー・ホーキンス、EDMは「人間味がない」ためあまり好まないと語る ・・・ ■BYロッキングオン■ ✨デクランマッケンナに注目✨ まだ10代だけど、鋭い感性✨ 今後の評価に注目してます✨ 2017.09.03✨ ■TaKotarou’s blog 2017-02-25 デクラン・マッケンナの”Brazil”を和訳してみた。 アーティスト: Declan McKenna 出版社/メーカー: Sony Music Labels Inc. 発売日: 2017/02/10 [Verse 1] I heard you sold the Amazon アマゾンを売るって話を聞いたんだ To show the country that you're from 自分たちの文化を見せるために Is where the world should want to be for 世界はどこに行っちゃうんだ Find something all people need みんなが求めてるのを見つけようよ I'm faithless now 今は何も信じれない Though we win every time and I don't know how 毎回勝つためにどれだけ掛かるんだ Cause I haven't bought you and I haven't sold me 別に誰も俺を買ってないからどうでもいいだろう、俺を売る気も無い But the people are dying to get on TV だからって死人の上で熱狂するのはどうなんだ [Chorus] I heard he lives down a river somewhere 川に住んでる人もいるのに With 6 cars and a grizzly bear 6台ものスーパーカーにグリズリーベア He got eyes, but he can't see 目が有るのに、周りを見渡さない Well, he talks like an angel but he looks like me 天使のように話しているが、本当は俺みたいだぜ [Verse 2] Oh Lord! What have I become? おお主よ!俺はどうなるんだ? I'm the face of God I'm my fathers' son 神もただの男だったんだ I'm not, what you think you see そうは思わないけど、しっかり見ているつもり I know you can't eat leather, but you can't stop me 革を食うことは出来ないんだぜ、でも止められない Why would you lie, why would you lie about how you feel? どのように感じたら、そんな嘘が付けるんだ? I've got a mission and my mission is real 本当のミッションを持ってきた Because you've had your chances, yeah you've had enough これにはチャンスがいっぱいある I'm gonna burn your house down to spread peace and love 家を燃やしながら、世界に平和と愛を広げる And it gets me down 俺は終わったあとにどうなるんだろう Oh Lord how it gets me down 主よどうなるんだ? [Chorus] I heard he lives down a river somewhere 川に住んでる人もいるのに With 6 cars and a grizzly bear 6台ものスーパーカーにグリズリーベア He got eyes, but he can't see 目が有るのに、周りを見渡さない Well, he talks like an angel but he looks like me 天使のように話しているが、本当は俺みたいだぜ Oh Lord! Oh Lord! [Bridge] I wanna play the beautiful game while I'm in Brazil ブラジルでは美しい試合が見たい Cause everybody plays the beautiful game while in Brazil 誰もがそんな試合ができるから Cause it's all you've ever wanted, and it's all that you want still それを望んできたんだから Don't you wanna play the beautiful game out in Brazil? そうなんだろ? [Bridge] I wanna play the beautiful game while I'm in Brazil ブラジルでは美しい試合が見たい Cause everybody plays the beautiful game while in Brazil 誰もがそんな試合ができるから It's all you've ever wanted, and it's all that you want still それを望んできたんだから Don't you wanna play the beautiful game out in Brazil? そうなんだろ? Oh yeah! [Outro Chorus] I heard he lives down a river somewhere 川に住んでる人もいるのに With 6 cars and a grizzly bear 6台ものスーパーカーにグリズリーベア He got eyes, but he can't see 目が有るのに、周りを見渡さない Well, he talks like an angel but he looks like me! 天使のように話しているが、本当は俺みたいだぜ I heard he lives down a river somewhere 川に住んでる人もいるのに With 6 cars and a grizzly bear 6台ものスーパーカーにグリズリーベア He got eyes, but he can't see 目が有るのに、周りを見渡さない Well, he talks like an angel but he looks like me! 天使のように話しているが、本当は俺みたいだぜ [Spoken Outro] And that was my triple collateral on Free for All トリプルキルだぜこの野郎 ■BY某ブログ■ ✨ジャーニー、久々に聴いたけど、超イイ✨覚醒したよ、PL作ろ✨ →作ったよ✨ ぐっと来るメロディー、澄んだサウンド✨ だから、ジャズでも、イイ曲作れたんだね✨ ジョナサンケインさん、ありがとね✨ 2017.09.01✨ ✨1曲目、超オシャレ〜と感じた曲✨ ジャズ Elegance オシャレ〜 ってPLにあるよ。良かったらどうぞ✨ 2017.08.30✨ この曲作った人調べてみたよ✨ ■JONATHAN CAIN/PIANO WITH A VIEW ジョナサン・ケイン JOURNEY ✨うーん、やはり、ビッグネーム。納得✨ 製造元:HIGHER OCTAVE MUSIC 品番 HOMCD 77571 USA盤 全13曲 ジョナサン・ケイン 『ピアノ・ウィズ・ア・ビュー』 ご存知JOURNEYのキーボーディスト、ジョナサン・ケインの95年のソロ作となったアルバムです。 この人はベイビーズ参加前にソロ名義でヴォーカル・アルバムをリリースしているのですが、ジャーニーが活動停止中の95年にポップ・ヴォーカル・アルバムの「Back to the Innocence 」、そして本作と2枚のアルバムをリリースしています。 本作は同僚のニール・ショーンもアルバムをリリースした事がある、スムーズ・ジャズ、ニューエイジの専門レーベル、ハイアー・オクターヴからの第1弾となり、ここでは完全なるインスト集となっています。 集められたメンバーも、名門フュージョン・バンド、イエロージャケッツでの活動が有名なサックスのマーク・ルッソ、ベイエリア・シーンでプロデューサー、ギタリストとして活動するクリス・カモージー、SANTANAに所属経験のあるドラマー、トミー・ブラッドフォードと知る人ぞ知る凄腕となっています。 ジョナサンの軽快なアコースティック・ピアノを中心に、アルバム・タイトル通り、視覚的要素を想起させるメロディの数々は、まるで80年代のトレンディ・ドラマのサントラを聴いている様な錯覚を起こします。 この人のメロディ・メイカーとしての見事なセンスが、こうしたアダルトなコンテンポラリー・ジャズに集約されていくのはある意味必然とも思われますが、ジャーニーという母体があってこそこうしたソフト路線も伸び伸びとできるのかもしれません。 興味深いのはニール・ショーンのいくつかのソロ作にも同様のフュージョン感覚が見られる事で、JOURNEYというスーパー・バンドでの活動がいかにエモーショナルでハードなものなのか、こうしたイージーリスニング的なアルバムを聴くと憶測をしてしまいます。 いずれにしても耳障りの良さはさすがに抜群で、作業用BGMとして聴き流すにはあまりにも吸引力の強いメロディの素晴らしさが目立つアルバムです。 1995年度リリース盤 盤面には、微弱なキズが数本見られますが、再生には全く問題ありません。 ケース、ジャケットは、美品と思われます。 ■BY某CD屋さんの誰か■ ✨君の瞳に恋してるって、カバーだったんだ、知らんかった。2017.08.26😲 ✨Linkin Parkと10-FEET、イントロ似てるね、ま、厳密にはちがうんだけど。2017.08.26✨ ■若手R&BシンガーのSZA(シィザ)と マルーン5が新曲“What Lovers Do (feat. SZA)”をリリースした。 プロデュースはマドンナ、ジェイソン・デルーロを手掛けるジェイソン・エヴィガンが務め、 ケンドリック・ラマーやスクールボーイ・Qらが所属するレーベルTDEの紅一点であるR&Bシンガー、SZA(シィザ)をフィーチャーしている。 同新曲はストリーミングでの配信が開始している。 マルーン5はケンドリック・ラマーとコラボした楽曲“Don’t Wanna Know”をシングルとして2016年10月にリリースしていた。 ■BYマイナタリー■ ■スポティファイが「世界のトップ・バンド20」のランキングを発表した。同リストはスポティファイにおける2017年のここまでのストリーミング回数の総計によってランク付けされたものとなっている。 今回のランキングは「International Day of Rock N Roll」とされる7月13日を記念して発表された。 なお、この「International Day of Rock'n'roll」は1985年7月13日に開催されたアフリカ飢餓救済チャリティ・コンサート、「ライヴ・エイド」にちなんだものとされている。 トップ・バンド20組のランキングは以下のとおり。 1. コールドプレイ 2. トゥエンティ・ワン・パイロッツ 3. ザ・ビートルズ 4. リンキン・パーク 5. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 6. パニック・アット・ザ・ディスコ 7. メタリカ 8. アークティック・モンキーズ 9. クイーン 10. フォール・アウト・ボーイ 11. グリーン・デイ 12. AC/DC 13. ピンク・フロイド 14. ブリンク182 15. パラモア 16. ガンズ・アンド・ローゼズ 17. ニルヴァーナ 18. ザ・ローリング・ストーンズ 19. ザ・1975 20. キングス・オブ・レオン ■BYロッキングオン■ ✨イーグルス 懐かしい。 ギターのリフが、かっこいいよね✨ 学生時代、英語授業で先生、なんか言ってた。訳しながら。忘れちゃたけどね。 2017.08.25✨ ✨ラテンミュージックが気になる。オマケBOA✨

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります