音楽

音楽

Track by Kalafina

2,289
46
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:梶浦由記

作曲:梶浦由記

それでも誰かを信じたい
君の小さな溜息は
世界の何処にも届かず消えた
雨は二人を打ち据えて
僕は瞳を尖らせて
何にも出来ないこの手を離した
僕に見えないものが
君には見えていたの
太陽が昇る場所までまだ遠い
魂の中にある一条の光を信じて
叫びたい言葉さえ無いけれど
ただ叫んでいる
それが僕の音楽
いつ終わるかなんて分からない
きっと終わるときも分からない
だからもう少し、せめてもう一歩
何処へ行きたいか分からない
それでもしつこく呼ぶ声に
嵐を選んで碇を上げる
叫ぶ力も尽きて その雲が消える頃
激しい夜明けが海をも枯らすだろう
魂が果てるまで一条の光を信じて

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります