BAKUROCK 〜未来の輪郭線〜

BAKUROCK 〜未来の輪郭線〜

Track by YA-KYIM

8,440
202
登録不要!1か月無料で聴き放題
ALBUM TRACKS
LYRICS

作詞:ryowinukami

作曲:hiroto suzuki/mitsuyukimiyake/鈴木直人

遥かなるwinding road 他の誰でもない わたしが自分で越える ベターな現実につぶされても 打ちのめされた自分 拾い集めて 何度終わりが訪れても そのたびに自分で自分の背中押した 続いてく意味に悩み その迷いさえ たちきってゆく いつも 未来の輪郭線描く まっすぐな定規は いくつもの昨日の勇気でできてる 想い描いたのと違う 高い壁こえ 消失点の向こうへ進んで ゆく どこかになくした温もりは 雨に打たれている時に思い出す 大切な時は過ぎ去ってく もう迷ってとどまる時間はないの こんな場所で 終わりじゃない 約束の場所があるから だから 未だ見ぬ輪郭線描く たしかな定規は いくつもの昨日の痛みでできてる 想い描いたのと違う 高い壁こえ 消失点の向こう を見上げて 夢見たシーンは ただのファンタジー? ストーリーも不透明になった日 強さを教えてくれた人 つないでくれた希望 きっと返すよ だから逃げたい感情に 飲まれては顔をはい出し 心捨てずに 磨くテクニック Back to the stage またこの壇上に 自分との 約束 未来の輪郭線描く まっすぐな定規は いくつもの昨日の勇気でできてる 想い描いたのと違う 高い壁こえ 到達点の向こう を描いて 遥かなるwinding road 他の誰でもない わたしが自分で選んだ かすかな夢を 全部燃やした その光で闇をさいて 砕いた壁の向こうに 自分の空が見える

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります