予め失われた僕らのバラッド

予め失われた僕らのバラッド
2,542
34
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:桑原 永江

作曲:エンドウ.(GEEKS)

「ねえ、あの灰色の国の いちばんどんよりとした辺り、見える?」 「ゼロの表情のコでしょ」 「そ、あれって…さびしさ?」 「あきらめかも」 「孤独じゃない?」 「同調圧力?」 「あっ、虹の小瓶 落としちゃった」 「わっ、中身ぜんぶ散らばってるよ」 「その最後の」 ひとしずく―― 聞こえない 音がこぼれた あえかな光を 纏っていた (can you hear me?) 寄るべない耳の (this is one drop of wish) 静寂の深く (you'd carry out…) 魂の底へと響く (you'd carry out…) 絶望の中で 生きていたと 気づかなかった ゆっくり饐えてく 腐敗臭に 馴らされていた 人間ごっこを してる魔物の 瞳の中 僕のニセモノみたいな 僕が映った 上手く笑えない泣けない けどナゼか わかる やさしい涙の在処 嵐の向こう―― 予め失われた 僕ら 得体知れない 痛みさえも 血流に変え 生まれつき囚われた 世界で 弱さにまみれながらヒトになりながら 陽の差す場所へ ひた走ろう 絶望の亜種 "希望"へと 変異していた その細胞の 厭わしさに 舌打ちをした 捨てられなくて 埋めて隠した重いカケラの ざらついた錆はもう 削れなくても ちゃんと笑いたい泣きたい 願い 握りしめ 今日と地続きの明日に おびえないで―― 予め失われた 愛を 見つけてさえ それが愛と 特定できず 傷つけて差し返された手を 汚してやっと知ったヒトである意味を 陽の差す場所へなお 無様に引きずって走ろう "その命 使わないんでしょ 返して"と まとわりつく 片羽の 妖精の マボロシ かき消した ビョオビョオと 鳴く空に 僕は独り 誓った 魂が尽きる日も この手を遠くへ 伸ばすよ 見果てぬ 時の先へ―― 予め失われた 僕ら 得体知れない 痛みさえも 血流に変え 生まれつき囚われた 世界で 弱さにまみれながらヒトになりながら 陽の差す場所で見る 流る血は赤だろうか 恐れずにただ ひた走ろう

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります