AWAの学割 中学生以上の学生ならこんなにおトク!月額980円が月額480円に。まずは1か月無料でお試し!

ごめんね、私。

ごめんね、私。

Track by 南波志帆

19,257
522
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:土岐麻子

作曲:矢野博康

氷はじいたら ちいさな青空に 不機嫌な顔 覗き込んだの 我ながらハッとして 視線をそらした ねえ きみはいま どうしてるの? まだ間に合う?それとも遅い? ホントはただ気まぐれなんかじゃない 「ごめんね」っていつから こんなに難しい言葉になっちゃったんだろう グラスの真夏が溶けてく 「ごめんね」いつから こんなに戸惑う二人になっちゃったんだろう 言いたいのに 言えない いつでも きみといたいのに ごめんね、私。 近づくほどに 離れていくみたい ため息がそっと ソーダに消えてく 約束はいつも 私をからかって ハートの中を 塗りつぶすよ まだ間に合う?それとも遅い? ホントはただ強気なふりをしてる 「ごめんね」っていつから こんなに難しい言葉になっちゃったんだろう グラスの真夏が呼んでる 「ごめんね」いつから こんなに戸惑う二人になっちゃったんだろう 言いたいのに 言えない いつでも 笑わせたいのに ごめんね、私。 砂浜に残る 足跡達たどってゆく 昨日の私にもう一度 逢えたらきっとこう言うわ 「ばかね」 「ごめんね」っていつから こんなに難しい言葉になっちゃったんだろう グラスの真夏溶けないで… 「ごめんね」きみが笑うたび 世界は生まれ変わるんだろう グラスの真夏飲み干せば 「ごめんね」どうして こんなに難しい言葉になっちゃったんだろう 言いたいのに 言えない ねえ きみを 笑わせたいのに 待ってて 笑わせてみせる ごめんね、私。 ごめんね、私。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります