カンナ8号線

カンナ8号線
982
11
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:Yumi Matsutoya

作曲:Yumi Matsutoya

チェックのシャツが風にふくらむ
うしろ姿を
波をバックに焼きつけたかった
まぶたの奥に
それははかない日光写真
せつないかげろう
胸のアルバム閉じる日が来るの
こわかったずっと
雲の影があなたを横切り…
想い出にひかれて
ああ ここまで来たけれども
あのころの二人は
もうどこにもいない
カンナの花が燃えてゆれてた
中央分離帯
どこへ行こうか待ちどおしかった
日よう日
いつかさそって昔のように
笑いころげたい
うらまないのも
APPEARS ON PLAYLISTS

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります