9,257
228
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:山下穂尊

作曲:山下穂尊

降り積もる雪はこの手に舞い降り
隠したはずの心の穴に溶け出した
二人が見たのはいつの日の景色
見覚え在る色彩がどこか微睡んだ
遠く揺らめいた愛を
その手に抱えていたの
本当はマボロシと知りながら
羨んだ恋の意味は
儚さに消えてゆくと
ふいに気付いた
ゆらゆら舞い散る粉雪たち
切なげに溶けて行く愛は何処へ…
さらさら重なる光と影
傷つきたくないなんて
本当は…嘘なのにね
夢見た明日はもう二度と来ずに
永遠という無限の彼方に溶け込んだ
切に愛し合う日々も
「偽り」と呼ばれるなら
盲目の涙に泣き濡れりゃいい
歯痒くも愛しさ故

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります