Track by 岡崎体育

22,511
183
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:岡崎体育

作曲:岡崎体育

相槌もでたらめ 鈍色の朝 わがままに 迷惑かけたいわけじゃないのに 保育園で汚い言葉を覚えて帰ってくるように いろんな色の絵具を脳みそに塗っていくみたいだ 鉄棒の香り冷たく 美しい名前は遠く 薄暮れに木霊して 約束を破って ひとり洟垂る僕を叱って 相槌もでたらめ 柿色の夕 わがままに 迷惑かけたいわけじゃないのに 年老う指輪は弛み 填めなおしてはまた弛み 瞳に黴が生えても 言葉に血の通った話がしたい 先に呆けてしまえば 寂しくないかな 飯を口から零して テイブルを汚して にたついてる私を赦さないで 相槌もでたらめ 雪色の夜 どうして 迷惑かけても笑ってるの

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります