ねぇねぇデイジー

ねぇねぇデイジー

Track by teto

1,965
19
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

毎年春よ来いと思っては いつの間に春はやってきて 気付けば君が枯れる、 うなだれる季節になるんだろうな 街頭演説で革命家は 「背中を押すわ」と言っていて 地球の裏側でも端でも 駆け付けて行くんだろうな それよりさ、さっきまであった 水と肥料がどこにもないな ねぇデイジー ねぇねぇデイジー 革命を起こされるのはごめんだって 勝手気ままで何とか 暮らしてるんだって ねぇデイジー ねぇねぇデイジー 革命より君への水の方が大事 まぁいいけど脅かしていくなら もう静かにやってって もしも人が人を救えるなら この花も枯れることはなくて あらゆる始まりとか終わりとか 無くなっていくんだろうな それよりさ、さっきまであった 俺の希望がどこにもないな ねぇデイジー ねぇねぇデイジー 革命を起こされるのはごめんだって 勝手気ままで何とか 暮らしてるんだって ねぇデイジー ねぇねぇデイジー 革命より君とのキスの方が大事 まぁいいけど脅かしていくなら もう静かにやってって ねぇ ねぇねぇ ねぇねぇねぇねぇデイジー

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります