イチリンソウ

イチリンソウ

Track by 山本彩

75,182
910
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:山本彩

作曲:山本彩

ただ俯いて歩いていた 僕は春を見落としてた どれくらい時が経ったのだろう 桜の花びらが舞っていた すぐに忘れられるはずだ 胸の奥にしまい込んで 日向を探すの こんな道の脇 咲いていた あなたはひとりきり 真っ直ぐに 煌めいて 強く強く いつの日か 枯れること 知ってるかのように 今という瞬間を 儚く生きてる そういえばあの時も今日と 同じような季節だった どこからも光が失われ 何もかもがどうでもよかった いつでも傷つかない事が 強くなれるという事では ないと分かったよ いつも 気が付けば探してた あなたの事だけを 会えた時 強くなれる気がした 雨に濡れ 踏まれても 咲く場所を変えない 堂々と咲き誇る姿が今もずっと 変わらない僕の道標 ただ俯いて歩いていた 僕は春を見落としてた 桜の影に隠れてそっと 揺れていた白い妖精 こんな道の脇 咲いていた 一輪草のように ひとりでも 咲ける花になりたい 雨に濡れ 踏まれても 咲く場所を変えずに 堂々と咲き誇れるような また次の春が来たら あなたに会いたい その時は今よりも 強くなった僕だ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります