花火

花火

Track by LGMonkees

281,325
5,690
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:山猿

作曲:headphone-Bulldog

すぐ側で秋の風が待ち遠しく
指くわえ待つ姿
欲張りな僕はまだ終わりを
受け止められずにいる
緩い風が手に触れてきた頃
濡れたAsphaltが乾きだす
どんどん雲がとけだし合図
3, 2, 1で主役が目を覚ます
背伸びしだしたホラ花も木も
照りつける太陽に身を委ね
暗くなるまでその時を待つ
去年もこの場所二人君と居たね
口ずさんだ真夏のMelody
並ぶ出店の明かりが灯る
高まるTension気持ちはHigh
手を繋ぐ強く逸れないように
洒落た幻?見てるかのように
それは空に上がった手品
辺りを照らしてまた消えた
胸が嬉し過ぎて
夢じゃないかって戸惑う
確かなことは君が浴衣姿
火薬の匂いが空を舞う
夜空に打ち上げた
花火が二人を照らした
負けず嫌いな星達は
それを見て拗ねてら
すぐ側で君の笑顔が
見れた夏がまた増えたよ
欲張りな八月の月も 今日は半分で
出会いは偶然かそれか運命
一人夜空に煙草を吹かす

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります