でいどりーむ(1975つま恋)

でいどりーむ(1975つま恋)

Track by

722
3
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

でい どりーむ 詞 伊勢正三 曲 伊勢正三 幼い日の 春の道は 桜の雪降る中を えび茶色の ランドセルが軽く揺れる そんな道だった 初めて開いた新しい教科書 それは夢の世界 それはまるで不思議な宝物 幼い日の夏の夜は 空から星が 降りてきて 屋根裏から手を伸ばせば 届きそうな そんな星空 眠れない夜は 蚊取線香の煙 指でたどり あの娘のこと思い出したり 幼い日の 秋の空は 飛行機雲追いかけて あの娘と二人走り疲れ たおれた野原で 約束したっけ 大きくなったなら 僕は ジェットパイロット 青い空いっぱい 君の名前 書いてあげると 幼い日の 冬の色は 窓ガラスの曇り色 白い息が通り過ぎる 急ぎ足で バス通りまで 季節の忘れ物 ところどころ残る 雪を見つけたとき 足跡つけ 急ぐ家路を

APPEARS ON PLAYLISTS

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります