スピードと摩擦

スピードと摩擦

Track by amazarashi

23,859
266
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS
切れかけた街灯に照らされて
明滅繰り返す人々の影
ゴムの匂いと空気の湿り気
静寂と呼ぶには、はなはだ多弁
したがって 定まらぬ視点
星を滑って 東北に流転
蛾が群がって どうせ無駄だって
夢に焼け落ちて あとは何もねえ
行き先のない乗車券
此岸の終わりの夕景
地球の裏の荒野へ
早く連れてってくれ
夏の庭に犬の骨 死屍累々の日付
それを踏んづけて明日へ
気管支炎の音符で
血を吐くまでは歌え
放射状 北の山背
そこに咲いた花でさえ
冒涜は許されて
僕は舌打ちをしたこの街へ
いや、舌打ちしたのは街の方で
砂場に子供らの神話体系
その一粒ごと神は宿って
絡まって 切れぬ社会性
みだりに越えて 唾を吐き掛け
我が塞がって 来世疑って
無様に燃えて あとは何もねえ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります