全部、君だった。

全部、君だった。
29,345
530
登録不要!1か月無料で聴き放題
ALBUM TRACKS
LYRICS

作詞:山崎将義

作曲:山崎将義

いつのまにか降りだした雨の音
急ぎ足で行く
季節の終わりを告げている
ふいに窓を閉じかけた手が止まる
しばらくは君のこと
思い出さずにいたのに
些細なことからの諍いは
いつも二人の明日を曇らせた
今ならあの夜を越えられるかな
君の涙に答えられるかな
胸も苦しくて張り裂けるほど
全部、君だった
互いのぬぐいきれない淋しさを
冷めた朝の光の中で
うやむやにしてきた
心にもないうらはらな言葉で
わざと二人は傷つけあったね
今なら上手に伝えられるかな
いつも微笑みに応えたかった
胸も切なくてかきむしるほど

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります