AWAの学割 中学生以上の学生ならこんなにおトク!月額980円が月額480円に。まずは1か月無料でお試し!

おいで夏の境界線

おいで夏の境界線
67,553
359
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:秋元康

作曲:中山聡/足立優

空の入道雲が やけにもったいぶってたけど 強い日差しをやっと連れてきたよ 前に広がる海が眩しくて この手を翳(かざ)せば 光の魚たちが飛び跳ねてる (今年の水着はどう?) いたずらっぽく君に聞かれたけど (何だか恥ずかしくて) 視線外して 動揺隠しながら いいんじゃないかな 声が上ずる (おいで)君に好きだって言おう (おいで)言葉にしなきゃ伝わんない (おいで)季節なんて 過ぎてしまうんだ (おいで)友達のままじゃいられない (おいで)胸の奥が熱くなる そんな葛藤 何も見せずに 僕はいい人のままで もう来年は 卒業だから そう絶対に… 砂浜の上はまるで 焼けたフライパンみたいで 裸足で跳ねる僕を君が笑う 波打ち際まで走って 掌で掬(すく)った水を かけあいっこして 距離が縮まっていく (好きな人とかいるの?) ついでのようにさり気なく聞いたよ (なんか答える前に) 興味ないような どうだっていいような カッコつけたのは 気になってるから (まさか)言えるわけないじゃないか (まさか)僕をどう思うなんて… (まさか)今の関係壊したくないよ (まさか)このままだって構わない (まさか)ずっとそばにいたいんだ そんな本音は 波がさらうよ 君に気づかれないまま (おいで)君に好きだって言おう (おいで)言葉にしなきゃ伝わんない (おいで)季節なんて 過ぎてしまうんだ (おいで)友達のままじゃいられない (おいで)胸の奥が熱くなる そんな葛藤 何も見せずに 僕はいい人のままで もう来年は 卒業だから そう絶対に…

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります