きみ

きみ

Track by 遊助

65,572
2,750
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:遊助

作曲:石見直明

生まれてから流した 涙をためたら
使い慣らしたグラス
何杯たまるんだろう
生きるために流した 汗をためたら
両手ですくってみて
何想うんだろう
今から何できるか考えても
傷つく力もなくて 揺れる山茶花
水面に映って気付いたんだ
今ある大事なもの 守れる事さ
君の手 君の目 君の声
君と出会い 君との思い出に
助けられる時が来るだろう
どんなに離れてても
君は世界でたった1人
君の笑みがもっと咲くように
泣きたい時だって来るだろう
でもそんな時は ほら
みんないるから 僕にとっても
君だってそうだよ‥
夢を見つめ流した 涙を集めたら
現実を知るために
どれだけ飲み込んだろう
夢に向かい流した 汗を集めたら
両手を使っても
すくいきれないんだろう
僕は諦めた時間(とき)の分だけ
臆病で強がってきたけど
揺れる桜草
ひとひら舞って気付いたんだ
若かった自分に目をそらさない
君の手 君の目 君の声

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります