AWAの学割 中学生以上の学生ならこんなにおトク!月額980円が月額480円に。まずは1か月無料でお試し!

Lilac

Lilac
420
1
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:KAT$UO

作曲:MASAYA

ただ誰かと比べるばかりでつまらね ぇ言葉を一つ吐き まだ癒えない傷を晒してやり過ご した夜もある ありふれた日々に呑まれて安い言葉 に頷いた 手に入れたモノは何かと あの日の自分が問いかける ただ誰かに聴いて欲しくて書きなぐ る歌もあった まだ埋められぬ言葉を探して拾い 集める日々がある 諦めた夜に疲れて夢は静かに目を閉 じた 手に入れたモノを眺めて明日の自 分に問いかける 見上げた空の深さに怖気づきそうな 夜は 名も無き朝を待たずに咲いた花の ように 流れる川の速さに抗うようにもがい ては こぼれた涙の続きを明日と呼ぶの でしょう 陽も当たらぬ場所に咲いたTsubomi は空見上げて まだかまだかと長い冬を凍えながら も耐えてるじゃないか 今あなたに聴いて欲しくて書き綴る 唄があって まだ捨てられぬ夢の欠片を拾い集 める夜がある 見上げた空の深さに怖気づきそうな 夜は 名も無き朝を待たずに咲いた花の ように 流れる川の速さに抗うようにもがい ては こぼれた涙の続きを明日と呼ぶの でしょう 見上げた空の深さに怖気づきそうな 夜は 名も無き朝を待たずに咲いた花の ように 嗚呼、僕は...嗚呼、僕は... 名も無き朝を待たずに咲いた花のよ うに ...咲いた花のように

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります