六月は雨上がりの街を書く

六月は雨上がりの街を書く

Track by ヨルシカ

35,712
227
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:n-buna

作曲:n-buna

窓映る街の群青
雨樋を伝う五月雨
ぼうとしたまま見ている
雫一つ落ちる 落ちる
心の形は長方形
この紙の中だけに宿る
書き連ねた詩の表面
その上澄みにだけ君がいる
なんてくだらないよ
馬鹿馬鹿しいよ
理屈じゃないものが見たいんだよ
深い雨の匂い
きっと忘れるだけ損だから
口を動かして
指で擦って
言葉で縫い付けて
あの街で待ってて
雨音の踊る街灯
薄暮の先の曲がり角
一人、足音のパレード
夏を待つ雲の霞青
今の暮らしはi2
君が引かれてる0の下
想い出の中でしか見えない

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります