透明人間18号

透明人間18号

Track by RADWIMPS

418,999
4,791
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

晴れた空の蒼さだけじゃ
もはやかばいきれはしなくて
このままではボロが出ると
黒く染まり色を仕舞いこんだ
されど黒に身を預ける
ほどの懐などなくて
どちらにせよ潔さが
求められることを知った
聖者も僕も同様に
照らしてくれるのが救いだよ
太陽が照らす相手選んだら
きっと僕に色は与えられない
ただ一つを貫く人
幾色にも塗れる人
それぞれなけなしの
正しさを振り絞っているのに 僕は
白と黒の狭間で今日も
見事なまでの灰の色
涙一つこぼしてみても
色は教えてはくれない
賢者も 空も 凡人も
それぞれの色に染まる中
太陽の光纏った君は
無色透明に輝いていた
何ににも染まらぬように
何にでも溶けるように
心と声との隙間に
裸で立ってられるように
黒発:白着 鈍行に乗り

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります