終わりのない歌

終わりのない歌

Track by LiSA

12,614
189
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:麻枝 准

作曲:麻枝 准

ある日小さな村に旅する
吟遊詩人が訪れた
まだ若い少女で
旅も慣れてなかったけど
歌には自信がある
少女は村の中央にある広場に座り
リュートを弾き唄い始めた
でも誰ひとり出てこなかった
聞こえていないのか
悩んだ末に出てこないなら
無理矢理でも聞こえるようにと
雷鳴のように叫び唱った
それがみんなの心を震わせた
出てきた村人たちは
みんな不気味な形をしてた
少し恐かったけどやがて
打ち解けてた 歌を唄うたびに
「こんなわたしたちを見ても
逃げないとは大したもんだ」
そう言う杖つくお爺さんが
村長だった 事情を聞いてみた
昔愚かな青年が居て
国王の娘と恋をした
ふたりで駆け落ちを企てたけど
その途中で捕まってしまった
国王は冷たく言い放った
「こいつとその子孫にまで及ぶ
異形の呪いをかけて野に捨てろと」
ある日みんなが言ってくれた

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります