大きな玉ねぎの下で (令和元年 Ver.)

大きな玉ねぎの下で (令和元年 Ver.)
2,987
75
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:サンプラザ中野

作曲:嶋田陽一

ペンフレンドの二人の恋は
つのるほどに 悲しくなるのが宿命
また青いインクが
涙でにじむ せつなく
若すぎるから 遠すぎるから
会えないから
会いたくなるのは必然
貯金箱こわして
君に送ったチケット
定期入れの中のフォトグラフ
笑顔は動かないけど
あの大きな玉ねぎの下で
初めて君と会える
九段下の駅をおりて 坂道を
人の流れ追い越して行けば
黄昏時 雲は赤く焼け落ちて
屋根の上に光る玉ねぎ
ペンフレンドの二人の恋は

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります