灰かぶり姫

灰かぶり姫

Track by ましのみ

3,857
33
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:ましのみ

作曲:ましのみ

うわついた 街をひとり 駅に流れ込む波に逆らい かじかんだ 右手の指先を左の手の平でかばう ショーウィンドウ 映った私の色はまだ定まらないでいる それでもいい 季節が移ろうほど宇宙は膨らむらしいんだ 一眠りすりゃ the endだけど 今は感じている 字余りの痛み 拾い集めて焚き火をしたい イルミネーションの陰にかくれて光る星を見つけ出す 流されるまま戸惑う毎日に プラスアルファで灰かぶり姫は行く ぬぎすてた 靴はまだ綺麗なままゴミ箱に投げこんでる 時は迫る 0時を過ぎれば きっとまた新しい私に 価値観をかため 一辺倒な生活が大人なら 一目散に 逃げ出して 傷ついていたい イルミネーションの影にかくれて光る星を見つけ出す 日に日に染められ色を増すドレスで踊り狂い 灰かぶり姫は行く 正解が決められない 今夜も誰かを受け入れて 昨日の自分を忘れても それはそれで 全部含めて愛せばいい 愛せるのなら愛せばいい 全部含めて愛せばいい どんな姿も愛せばいいんだ イントロ直感で動いてから整理したって なんとかなるって 流されるまま戸惑う毎日に プラスアルファゆずれないものを イルミネーションの影にかくれて光る星を見つけ出す 日に日に染められ色を増すドレスで踊り狂い 灰かぶり姫は今日も歩き続ける

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります