GIRL AT THE BUS STOP

GIRL AT THE BUS STOP
4,855
53
登録不要!1か月無料で聴き放題
ALBUM TRACKS
LYRICS

作詞:夏目知幸

作曲:シャムキャッツ

バスを待つ 彼女はなんだかちょっと くたびれてる お母さんのこととか 保険のこととか 色々ね 風に舞う 髪を撫でて 耳にかけるよ その輪郭にハッとする男 通りの向こう 僕たち 顔を見なくなってもう どれくらい? 5年とか いや 10年前夜の防波堤 僕らはガキ 君は天使 ネイビーブルーのワンピース 湾の向こう工場がゆらゆら光ってた 彼女ってば 彼の何かを勘ぐって ねえ行こうよって 走り出す 空には月が輝いていて テトラポットが 波を砕く 話しかけるべきか 躊躇してる間に バスは来た どうなるか 彼わかってた まあ 別にいいのさ でもさあもし 窓越しに 彼を見つけたら きっと話したげな 顔するはずだけど バスに乗った彼女は バッグを膝の上に抱き 歯医者さんの予約をしなきゃと 外を眺めていた カーブを曲がり 街路樹の隙間で目があった その瞬間にハッとする男 通りの向こう 彼ったら もう間に合わないって わかってるのに息切らして走り出す 後悔になんて唾を吐け いつかの天使が笑ってる 僕は未だにあの夏の 夜のことをよく思い出す 空には月が輝いていて テトラポットが 波を砕く またね またね

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります