Track by 清竜人

2,498
52
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:清 竜人

作曲:清 竜人

雨が降ってきた まるで
ぼくが流す 汚れた 涙を
この世界から もみ消すかのように
雨が降った
ぼくは 自分が
泣いているのかどうかすら
わからなくなった
どうでもよくなった
これも 神の仕業なのだろうか?
ならば もう 悲しみを 抱く
権利すら 失ったらしい
ねぇ 泣いてるの? わたしは
泣いてるよ
多分 一緒だね
木を隠すなら 森ってことかな
誰も わたしたちの涙に 気付かない
いや わたしたちに 気付かない
もしかしたら 世界が こんな
意味のない
出逢いを 蔵匿してくれてるのかな
神様って 結構 やさしいのかもね
お互いのことなんて
なにも知らないけど
今は ただ 誰か
そばにいてほしかったんだ
今は ただ
たとえば ぼくの 命の中に
芽生えた この 希望が
世界のありとあらゆる場所で
有害とされたなら
なぜ ぼくは 生まれたんだろう
たとえば わたしの 血液中を
流れゆく この 愛が
他の 誰かの 命の中に 悲しみを
生むのなら
いっそ もう 絶やすべきなの
ねぇ どこで 間違えたのだろう
あぁ はじめから 決まっていたの
ねぇ 息をするよ 聴こえるよ
見つめてるよ 触れているよ
この 世界に 生まれたこと
間違いでも
生きているよ 感じるよ
まだ ぼくらは 温かいよ
せめて 雨が 止むまでは
ねぇ 神様 許してよ
いつしか 善と悪 光と影
愛と憎しみ さえも
全て ボーダーレスに 変わり果てて
心を失くしていた
もう 戻れない場所まで
たどり着いてしまったんだ
ねぇ 命は ほら 動いてるよ
いま 確かに 動いてるよ
この 世界で 生きてること
間違いでも
求め合うよ 惹かれるよ
まだ ぼくらは 温かいよ
せめて 雨が 止むまでは
ねぇ 神様 許してよ
どうして 悲しみ は 悲しみと
引かれ合うのだろうか
なぜ 悪 は 悪 を
引き寄せるのだろうか
毒で毒を制したって
血で血を洗ったって
暗澹とした 青写真しか 描けない
惨澹とした 明日しか 臨めないよ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります