Preserved Roses

Preserved Roses
605,220
15,895
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:井上秋緒

作曲:浅倉大介

短い夢を重ねて 永遠にして逝く花の 偽りが切ない 閉じ込めた生命の 孤独を君に捧げる Preserved Rose 躯の奥溢れるものを 人と変えているだけ 全てが「冷たすぎる」なんて 指を解かせないで 光と闇のどちらにでも居れる 怖がらないで 望まぬ朝はもう来ない 鮮やかだけを繰り返し 繋がり 終わり 君はまた… 短い夢を重ねて 永遠にして逝く花の 偽りが切なく 拒む世界を傷付ける 願うなら魅させる だから遠く消えないで 君が見る明日の新しい息吹を 伸ばした腕に迎える 離さない 無傷のまま溶け出す熱を 愛を弄る想い 作リモノの微笑み疑う 罪に囚われながら 汚れてしまう 前に行くと決めた やがて零れて 散らばる水に華やかに ココロを映し出せるなら 途絶える歌と引き換えに 激しい色を注いで 飾り立てた幻を 君が信じるなら 真実だって越えるだろう 移る時間を止めて 朽ちる術も知らないで 血を流すその手は 閉じ込めた生命の 孤独を君に捧げる 求めてる 短い夢を重ねて 永遠にして逝く花の 偽りが切なく 拒む世界を傷付ける 願うなら魅させる だから遠く消えないで 君が見る明日の新しい息吹を 伸ばした腕に迎える 離さない

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります