あたしが隣にいるうちに

あたしが隣にいるうちに

Track by 藤川千愛

23,893
319
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作曲:藤永龍太郎

通いなれたいつもの道
見過ごしそうな花が揺れて
当たり前と思い込み
どれだけ大切なものに
気付かずにいたんだろう
いつか泡のように
あたしもあなたも綺麗に
消えてなくなるの
せめてその日まで
我儘を聞いて
でも言えないや
言えそうにないや
あたしが隣にいるうちに
愛をもっと
あたしにください
欲張りでごめんなさい
あなたの愛に溺れたい
あたしが隣にいるうちに
愛をもっと
あたしにください
溢れるような想いで
あなたを包み込みたいの
雨に降られ行き場なくし
なんの罰さ?と空を睨む
ついてないやって
そう だれかれ憎んで
キミに気付かずに情けないな
妬み憾み辛み
クソみたいな嘘すべてが
消えてなくなりゃいい
何を信じれば?
何も信じない

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります