カンタンカタン

カンタンカタン

Track by Kalafina

3,469
32
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:梶浦由記

作曲:梶浦由記

こんなに晴れ渡る
九月の眩しさ
ココロは空っぽ
沈んで行くような
重たいカラダを
手放してみる
カンタンだった夢の世界が
僕らに背を向ける時に
カタカタと揺れる汽車の窓から
瞳だけを空に放つ
青空の向こう
カラッポの時間を
軋むレールの声が
どこまで運ぶ
未来とかじゃなくて
ただ遠いだけの
場所に行きたい
淡々とリズム
感情が溶けて
止まっている身体だけを
カラカラと廻る車輪に乗せて
名前のない蒼い街へ
運ばれて行くよ
時を走る汽車の中
カタンカタン
カンタンに流されて雲だけが光る
空っぽのココロに何かカタンカタン

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります