History VII

History VII

Track by 遊助

2,287
18
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:遊助

作曲:ミルアージュ/遊助

いろいろやったHistory I, II いろいろなったHistory III, IV いろいろあったHistory V, VI Next Stage VII 心ん中でずっと決めていた ここらへんでやめようかなんて 目に見えない何かに追われて 何かある度 決断する時 喜ぶ人と泣いてるやつがいた 何のために頑張るか悩んだ 十分だろって 座った だけどライブする度に分かった 君に会うためだ 何度君の前 笑って 泣いたろう? 不完全だけど ありのままを 1対1のつもりなんだ だから目の前で言うよ 楽しい時会うだけが仲間か? ダメなとこだって 励まし合えば 笑顔と力が湧いてくる それが共に歩いて行く意味 少年JUMPみたいな夢持つ俺 それでも救われてきたこれまで ここからだって見えてる君まで 離れてる時だって気になってたぜ 笑わせられる自分でいたくて 俳優 タレント 歌手でもない いつもよそ者扱い そんな自分の名前なぞってたら 君が聞こえるんだ 何か誇れるものが無くても 言い訳飲み込み走って来たよ 1人じゃなんにもできない 多分だけど 君もそうだよ 悲しみ分け合うだけが仲間か? 足りない時は手を取り合えば 1人だけど1人じゃない それが共に戦う意味 上地雄輔はオカンが生んだ だけど遊助はあなたが生んだ 生まれた意味など聞かされず いいから付いて来いと生意気な俺と 力がないから助けての僕が 生きる理由探すヒマもなく叫んでいる 出会いと別れの胸の傷は 気付けばこんなに増えた絆 自分次第で変えれるさ その証こそ この景色 君の瞳が僕の鏡なら 僕はまるで君の全てなんだ つられ笑いに もらい泣き それが共に生きてる意味 さぁ 『心』の準備はできた さぁ 第2章の始まりさ

APPEARS ON PLAYLISTS

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります