最期の川

最期の川

Track by CHEMISTRY

67,225
1,235
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:秋元康

作曲:井上ヨシマサ

なぜに空見上げるのだろう?
どこかで立ち止まる度(たび)
誰にも話せない悲しみを
心が話しかける
歩いて来た長い道を
ここから振り返れば
僕が思うよりも 輝いた
日々だと教えられた
どんな時も 僕のそばで
君が共に笑った過ぎた歳月(とき)は
何かが足りなくて…
でも 気づいたのは
“愛こそがすべて”さ
「しあわせだった?」なんて
聞かないでくれ 愛しき人
腕に抱きしめて 僕が聞きたいよ
君がしあわせだったか?
終わらない道は きっとない
見送る人 涙 拭いて
背中 見届けて… 僕は一人きり
この川を 今 渡る
僕がいなくなった後は

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります