AWA

ハナビノウタ

Track bysaji

5,477
66
  • 2020.09.23
  • 4:40
AWAで聴く

歌詞

夕焼け落ちて ハルニレの木々を照らす 君が待つ北口のバス停は いつもより 混み合っていて はぐれそうな 君の右手 掴みながら 揺れる街の灯かりを背に 僕らは夜へと走る 川沿い 人の波をよけて 火薬と縁日の匂いが 立ち込める喧騒の中 君だけを見ていた 花火が僕らの夜を染めて 思い出を描いていく いま頭の中はずっと 君のことばかり考えていたんだ 夜の帳 白樺の木々を抜けて 帰り道 明日の今ごろは いつも通り なんてことない 僕らはただの友達だろう 震えながら 揺れる街の灯かりを背に 僕らは夜へと走る 明星の橋 行き交う声と 眩い三原色の光が 消えていく幻想の中 君だけを見ていた 花びら舞い散る夢の中で 思い出を紡いでゆく いま君は誰を想って どんな景色を見ているのだろう 川沿い 人の波も消えて 微かに鳴いている虫の声と 言えなかった僕の想いだけが 空に響く 花火が僕らの夜を染めて 思い出を描いていく また来年の今ごろも 君と観れるように 花火が僕らの夜を染めて 思い出に変わる前に 今しか言えそうにないよ 世界で一番君が好きなんだ

6曲 | 2020

このアルバムの収録曲

このページをシェア

sajiの人気曲

sajiのアルバム

10曲2022年
1曲2022年
3曲2021年
1曲2021年
12曲2021年
1曲2021年
saji
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし