Sign of the innocence

Sign of the innocence

Track by TRF

737
6
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:売野雅勇

作曲:朝本浩文

うわの空でキスされながら 君が少年だった頃を 想像した 裸の脚 風に吹かれ 膝についた砂を払うと 星の匂い嗅いだ気がした 君の可憐な魂に触れているようさ Sign of the Innocence 夏の果てへ あの日君が投げたフリスビー 何度夢につまずいても あの青空を飛び続けてる 街の上に止まってる雲に 競技場の明かりが映る 風が吹くたび歓声の波が届く 君に逢うまでそんなふうに 世界中から取り残され 世界の外で生きている 気持ちがしていた Sign of the Innocence 空を過ぎる 損石みたいに孤独な 君の夢は成功ではなくて 少年でいること Sign of the Innocence 夏の果てへ あの日君が投げたフリスビー どんな人に君がなっても あの青空を飛び続けてる 少年の憧れが いつまでも消えぬように この星の片隅で密やかに 続いている Quiet Revolution 誠実って言葉を聞くと なぜこんなに哀しくなるの 君がはにかむ時見せる その笑顔に似て Sign of the Innocence 空を過ぎる 損石みたいに孤独な 君の夢は成功ではなくて 少年でいること Sign of the Innocence 夏の果てへ あの日君が投げたフリスビー 傷だらけで色あせても あの青空を飛び続けてる 清潔な魂が透明な 水のように眼差しにあふれてる そのシャツに透けて見える 少年の憧れが いつまでも消えぬように この星の片隅で密やかに 続いている Quiet Revolution

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります