無題

無題

Track by amazarashi

14,348
84
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

木造アパートの一階で
彼は夢中で絵を描いていた
描きたかったのは自分の事
自分を取り巻く世界のこと
小さな頃から絵が好きだった
理由は皆が褒めてくれるから
でも今じゃ褒めてくれるのは
一緒に暮らしている彼女だけ
でも彼はそれで幸せだった
すれ違いの毎日だけど
彼女はいつもの置手紙
桜模様の便箋が愛しい
気づいたら夜が明けていた
気づいたら日が暮れていた
気づいたら冬が終わってた
その日初めて絵が売れた
状況はすでに変わり始めてた
次の月には彼の絵は全て売れた
変わってくのは いつも風景
誰もが彼の絵を称えてくれた
彼女は嬉しそうに彼にこう言った
「信じてた事 正しかった」
「正しかった」
絵を買ってくれた人達から
時々感謝の手紙を貰った
感謝される覚えもないが
嫌な気がするわけもない
小さな部屋に少しずつ増える
宝物が彼は嬉しかった
いつまでもこんな状況が
続いてくれたらいいと思った
彼はますます絵が好きになった
もっと素晴らしい絵を描きたい

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります