AWAの学割 中学生以上の学生ならこんなにおトク!月額980円が月額480円に。まずは1か月無料でお試し!

黒い天球儀

黒い天球儀
15,440
116
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:日食なつこ

作曲:日食なつこ

誰かの怒りを垂れ流したような 真っ黒い空のミッドナイト いつまで待っても出てこない星に 天球儀も黒いまま のろのろ巡る鈍足の世界は 言葉だけが駿足 ぶつからないように辺りを見ては 止まって怯えて縮こまる 見たい星があるくせに 黙ってじっと動かない 回してくれる手がないと 動けないとか言い訳すんじゃない 回れ天球儀 その細い軸 出せる限りの速さで生きてけ 足掻く遠心力を見せてくれ 限界値を裏切れ 誰かの怒りに待ったをかけて 動き始めたミッドナイト 真実だけを指し示していく 天球儀で僕はいたい 見たい星があったのに 別の誰かに譲るんだ 優しさなんて言い張って 泣くぐらいなら どうぞと言うんじゃない 回れ天球儀 その細い軸 出せる限りの速さで生きてけ 錆びる瞬間さえも ひた拒め 捻じ切れるまで加速していけ いつか吐き出す 最期の一呼吸が ため息で終わってしまわないように 天球儀 僕が見た 歪な天体を叩き出せ 黒い天球儀 その身体中 規格外の星座をぶち撒いて 回れ天球儀 その細い軸 出せる限りの速さで生きてけ 足掻く遠心力を見せてくれ あの日 自分で引いた 限界値を裏切れ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります