Supernova

Supernova
832
15
登録不要!無料で聴き放題
ALBUM TRACKS
LYRICS

作曲:Yoshimitsu Taki

十万度の太陽を抱きしめた時
砂漠になった僕の頭は
吹き抜ける風に冷やされる度に
涙の雨の水滴がきらめいた
指先で触れるだけ
誰の胸も音を立てず
粉々になるだろう
その欠片が散らばっても
集めたりしないで
満月の向こうに何を見ていたの?
砕けた星の海
十万度の体温で抱きしめてくれた
あの娘のことを助けたいなら
指先で触れるだけ
傷あとを開くだけ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります