US

US

Track by globe

9,900
143
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:小室哲哉-MARC

作曲:小室哲哉

争いがきらいで 遠い目をされるのがこわくて 無邪気さをみたくて 平和な香りをのぞんで あいまいな返事がだんだんふえてく こわがっているから 未来の私が見えなくなるから? ほんとにあなたはやさしい すべてを受け止めてくれてる 受け止めるに心があるから 愛って文字に近づくのかな? こなごなに割れたはずの 一輪挿しの花びんなのに ガーベラひとつもそえてくれて 夜明けの窓ぎわそっと私をいやして くれる だからわがまま言わせて欲しいの 時には泣きじゃくって 大声で叫んで 時にはひざから崩れ落ちて 時には私の胸で子供になって そうやって私のいる存在意味を 教えてきかせて les lumieres eteintes pensant a toi tres fort comptant les etoiles une par une tant de reves a vivre encore sous la pluie de novembre deposant tes armes les annees passent a t'attendre plus personne ne peut nous entendre あなたが今火をつけた たばこの煙が まっすぐに部屋を静かにのぼってゆ く でもほら揺れてきた あなたが初めて泣いた夜 煙が感情線を描き出す 2人の愛が輪をつくりだす だからわがまま言わせて欲しいの 時には泣きじゃくって 大声で叫んで 時にはひざから崩れ落ちて 時には私の胸で子供になって そうやって私の未来にあまえて…。 だからわがまま言わせて欲しいの 時には泣きじゃくって 大声で叫んで 時にはひざから崩れ落ちて 時には私の胸で子供になって そうやって私の未来にあまえて…。 そうやって私の未来にあまえて…。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります